fc2ブログ

記事一覧

第46回 大坂の陣

豊臣家復活を願う方広寺の鐘に、家康(松本潤)を呪う言葉が刻まれたという。家康は茶々(北川景子)が徳川に従い、人質として江戸に来ることを要求。激怒した大野治長(玉山鉄二)は、両家の仲介役・片桐且元(川島潤哉)の暗殺を計画。家康はついに14年ぶりの大戦に踏み切る。全国大名に呼びかけ、30万の大軍で大坂城を包囲、三浦按針(村雨辰剛)に用意させたイギリス製大筒を配備。そんな徳川の前に真田丸が立ちはだかる。


46-00.jpg

立ちはだかる真田丸



○徳川家康(松本潤)
正信とのやり取りで並々ならぬ決意を示す。
「徳川が汚名を着る戦となる」
46-02.jpg
「信長や秀吉と同じ地獄を背負い、あの世へ行く」
「それが最後の役目じゃ」

大坂城攻めにて秀忠とのやり取り
「主君たるもの、身内を守るために多くの者を死なせてはいかん」

46-06.jpg
「これが戦じゃ。この世で最も愚かで・・・醜い・・・人の所業じゃ!」

狸というより血の涙を流す鬼と化した家康。松本さんの演技は毎回見事ですが、今回はいつもにもまして鬼気迫るものを感じました。


○本多正信(松山ケンイチ)
「お供いたしますかの」
「こっちは元々汚れ切っておりますもんで」

46-09.jpg
家康「嫌な連れじゃな」
正信「でしょうな」
家康の並々ならぬ決意を聞いてのこの言葉。忠臣というよりも相方に近い存在。最後まで寄り添います。


○織田常真(浜野謙太)
46-14.jpg
先週の氏真に続き、信雄も健在(憂いの表情の千姫かわいい)

小牧長久手の戦いを持ち出し、太閤秀吉にあれほど見事に勝ったのは自分くらいだろうと誇る(徳川もようやったがと小さく付け加え)
いたたまれずに退出した千姫と廊下ですれ違いざまに一言、
「戦は避けましょう」
驚く千姫に
「あなたのおじい様には世話になった。(戦は)やりとうない」

46-15.jpg

「和睦でござる」

46-17.jpg
かつてないほど憎めない魅力的なキャラとなった信雄。脚本も演じる浜野さんもお見事。


○片桐且元(川島潤哉)
襲撃される直前に大坂城から退去。その且元を手助けしたのは京にいる五徳。会話の中だけの登場でしたが、この段になって言及されるのはなかなかレアでおおっと思いました。


○千姫(原菜乃華)
かわいそう


○渡辺守綱(木村昴)
46-11.jpg 
46-12.jpg
もはや最古参武将となった守綱。家康から第7回のあのシーンを言及され「許した覚えはない」と言われるも、同時に「そなたのような兵が、わしの宝であった」と感謝される。コミカルなシーンに多用されるも、彦の最後を伝えた場面などの演技も見事で、本作を支えた大きな功労者の一人であることは間違いありません。


○真田信繁(日向亘)
乱世を楽しく遊泳中


○茶々(北川景子)
鬼姑描写が続いていた分、身を挺して千姫を庇ったシーンはちょっと感動しました。


紀行は大阪城公園、茶臼山(天王寺公園)、三光神社、九度山・真田ミュージアム(参考:真田屋敷

次回は「乱世の亡霊」
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: