fc2ブログ

記事一覧

第45回 二人のプリンス

関ヶ原で敗れ、牢人となった武士が豊臣のもとに集結していた。憂慮した家康(松本潤)は、秀頼(作間龍斗)を二条城に呼び、豊臣が徳川に従うことを認めさせようとする。しかし、初めて世間に姿を見せた秀頼の麗しさに人々は熱狂。脅威を感じた家康は、秀忠(森崎ウィン)の世に憂いを残さぬためにも、自らの手で豊臣との問題を解決しようとする。そんな中、豊臣が大仏を再建した方広寺の鐘に刻まれた文言が、大きな火種になる。


45-00.jpg

国家安康 君臣豊楽



○徳川秀忠(森崎ウィン)
45-02.jpg
秀頼(↓)との器の違いに心を悩ませる秀忠

45-16.jpg
文武両道才色兼備、カリスマもあり人心掌握術にも長けるプリンス

ついに家康に直接心情を吐露
秀忠「父上がいつ死ぬのかと思うと・・・夜も眠れませぬ・・・」
「父上が死んでしまったら・・・私と秀頼の戦いになったら」
「私は負けます」

45-06.jpg
「負ける自信がある!」 そんな表情で力説せんでも・・・ (´・ω・`)

さらに家康の優れた才も受け継いでいない、凡庸な者であると己を評価。
これに対し家康は、秀忠の弱いところとその弱さを素直に認められるところを自分からよく受け継いでいる、と答える。
そして問う。「王道と覇道とは」

45-07.jpg
かつて若き日の家康が今川義元から問われ回答した言葉と同じ答え

秀忠「覇道は王道に及ばぬもの!」
家康「そなたこそがそれをなすものと信じておる」
「わしの志を受け継いでくれ」


45-08.jpg
今作における若き日の家康も確かにこんな感じでしたね。こういった次世代への受け渡しが見られるのも長いスパンで続く大河の醍醐味の一つでしょう。


○今川宗誾(溝端淳平)
45-09.jpg
どちらさまですか?

45-10.jpg
氏真さまだ!

第12回で「今後家康の茶飲み仲間として再登場することもあるかもしれません」と書きましたが、本当に出してくれてうれしい限り。宗誾名義での登場は大河史上初?

家康「平気で人を殺せるようになっただけ」
「死ぬまで戦をし続けて・・・」

と危ない方向に堕ちそうになる家康を抱きかかえて諭す言葉が沁みる。

45-11.jpg
「弱音を吐きたい時はこの兄が全て聞いてやる。そのために来た。お主に助けられた命もあることを忘れるな。本当のお主に戻れる日もきっとくる。」

この二人も若かりしころは「二人のプリンス」の関係でしたね。初期からの登場メンバーがほぼいなくなってしまった中、昔を知る唯一の戦友と呼べる存在なのかもしれません。


○加藤清正(淵上泰史)
45-17.jpg
二条城会見で最後の見せ場がありました。涙ぐみながらも家康との会見で秀頼を守ると告げる清正。対三成では家康側に付きましたが豊家に対する忠誠は最後まで衰えませんでした。


方広寺鐘銘事件を描いた今回。この事件を初めて知った小学校低学年の頃は家康の言いがかり以外の何物でもないと感じたものでしたが、社会に出て久しい現在はこれは意図的にやったのは明らかだなあと感じています。時代背景を考えれば単なる挑発どころではない重い事態に取られても致し方ないところです。wikiリンクも参照のこと→方広寺鐘銘事件


紀行は寺町通り、三条大橋、方広寺、元離宮二条城

次回は「大坂の陣」
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: