fc2ブログ

記事一覧

第42回 天下分け目

上杉征伐に向かう家康(松本潤)のもとに、三成(中村七之助)挙兵の知らせが届いた。小山で軍議が開かれ、西国大名の多くが三成につく中、家康は天下分け目の戦に臨むため、西へ戻ると宣言する。秀忠(森崎ウィン)に真田昌幸(佐藤浩市)の攻略を任せ、江戸に戻った家康は、各国大名に応援を働きかける。一方、京では千代(古川琴音)と共に伏見城を守る鳥居元忠(音尾琢真)が、三成の大軍に囲まれ、最期の時を迎えていた。


42-000.jpg

忠臣鳥居元忠 最後の時



○鳥居元忠(音尾琢真)
第一回から登場し、駿府人質時代から誰よりも長く家康のことを支え続けた忠臣の彦。平八郎や直政のような武勇はなく、小平太や正信のような知恵もない。ただ殿への忠義の心は誰にも負けない。そんな彦についに最後の時が迫る。

敵軍の城内への進入を許した後、散って逝った仲間たちの名前を挙げ、「ようやくわしの番が来た」と言う。

42-10.jpg
「ようやく死に場所を得た」

「お前には生きてほしい」と告げる彦に
「お前さまが生きるならな」と返す千代。
そして周囲を敵に囲まれながらも千代やわずかな仲間たちとともに最後の抵抗を見せる。

「殿、お別れだわ」

42-06.jpg

今作の彦の人間味あふれる造形は登場人物の中でもトップクラスに好きでした。音尾琢真さん、名演でした。お疲れさまでした。


○千代(古川琴音)
42-05.jpg
八重さん張りの射撃の腕を見せ奮闘する千代さん

42-08.jpg
白兵戦でもかつての剣術の腕は未だ健在

「ダーン(銃声)」

アッ

42-11.jpg

42-12.jpg

42-13.jpg
(´;ω;`)

42-004.jpg
ラストのこの二人の鬼気迫る表情は演技の枠を超えていました。

今作で一番意外性のある活躍をしたのは間違いなくこの千代さんでしょう。ここまで終盤まで見せ場があるとは思っていませんでした。彦も千代も、悲劇性が高いとはいえ、一緒に散ることができたのはせめてもの慰みとなりました。演じた古川琴音さんお疲れさまでした。


○稲(鳴海唯)
42-19.jpg
凛々しさMAX

42-20.jpg
忠真おじ→平八郎→稲へと受け継がれる本多家の魂


○山内一豊(山丸親也)
42-22.jpg
主人公補正を外された一豊が上川隆也さんから凄い声をした脳筋っぽい猛将にクラスチェンジしてびっくり
本当に声が凄くてびっくり


○小早川秀秋(嘉島陸)
42-21.jpg
あらやだ、今年の金吾は優柔不断タイプではなく計算高い腹黒タイプなのかしら(オネエ)


紀行は明治天皇伏見桃山陵、伏見桃山城運動公園、養源院

次回は「関ヶ原の戦い」
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: