fc2ブログ

記事一覧

第41回 逆襲の三成

家康(松本潤)の決断で、佐和山城に隠居させられた三成(中村七之助)。一方、家康は大坂城・西ノ丸に入り、政治を意のままに行い、周囲から天下人と称されていた。そんな家康を茶々(北川景子)は苦々しく見ている。ある時、会津の上杉景勝(津田寛治)に謀反の噂が広がる。家康は茶々から天下泰平のため、成敗に向かうべきと諭されるが、大坂を離れることに一抹の不安を感じ、留守を鳥居元忠(音尾琢真)に預けることにする。


41-000.jpg

石田三成 起死回生



○大谷吉継(忍成修吾)
41-22.jpg
三成の蟄居する佐和山へ柿を持って訪問する刑部。世間話をしつつ中央の情勢を伝えに定期的に訪問しているようだ。そしてその三成の様子を家康にも報告。これは家康のスパイになっているわけではなく、逆に有能な三成を中央政権に復帰させるために手を尽くしているという描写。上杉征伐にも三成の三男坊を引き連れて参陣したいと家康にアピール。今作でも三成との友情は健在です。

41-24.jpg
その刑部の心を知ってか知らずか、家康の留守をついて挙兵する意を示す三成(甲冑姿の三成を一瞬見ただけでその意をすべて悟った刑部もカッコイイ)。「無理だ!」と必死で思いとどめさせようとするも、損得ではなく信念で動く三成を止めることはできず。過去作では勝算は低いとわかっていながらも友情のために三成サイドに自ら立つという描写がテンプレでしたが、今作のように暴走する三成に巻き込まれるという描き方も斬新。実際刑部からすれば家康に積極的に敵対する意味はなさそうだし、現実の一面を捉えているかもしれません。忍成さんの目線だけで感情を表す演技はさすがです。


○逆襲の三成(中村七之助)
41-27_20231105145411cd1.jpg
今こそ逆賊家康を成敗する時!

41-28.jpg
その背後にいるのは

41-29.jpg
治部は矢面に立たされた操り人形に過ぎないのか…


○鳥居元忠(音尾琢真)
41-04.jpg
有事の際には退却を許さないとは、つまり時間稼ぎの捨て石になれということ。そのような非情な役割のある留守役は、一番信頼したものでないと任せられない。忠義の篤い者揃いの徳川家臣団の中にあっても自らが一番の忠臣であると自負する彦がその言葉を受け意気に感じないはずはない。

41-05.jpg
東軍サイドからの関ヶ原が見られるのは久しぶり。次週、その前哨戦である伏見城の戦い、過去一番に期待しています。


○大野治長(玉山鉄二)
景虎さん山川さんぢゃないですかお久しぶりです。


○茶屋四郎次郎清忠(中村勘九郎)
41-32.jpg
2代目は眉毛が濃くなった。


○ウィリアム・アダムス/三浦按針(村雨辰剛)
41-27.jpg
演じた村雨辰剛さんのことを検索したら庭師って出てきた。また一つ余分な知識を得てしまった。


紀行は黒島、洋式帆船建造の地、塚山公園 安針塚、浄土寺、崎方公園 三浦按針之墓

次回は「天下分け目」
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: