fc2ブログ

記事一覧

第40回 天下人家康

秀吉(ムロツヨシ)が死去し、国内に動揺が走る。家康(徳川家康)は三成(中村七之助)と朝鮮出兵の後始末に追われる。秀吉の遺言に従い、家康は五大老たちと政治を行おうとするものの、毛利輝元(吹越満)や上杉景勝(津田寛治)は自国に引き上げ、前田利家(宅麻伸)は病に倒れる。家康は加藤清正(淵上泰史)ら諸国大名たちから頼られる中、やがて政治の中心を担うようになる。そんな家康に野心ありとみた三成は警戒心を強め、二人は対立を深めていく。


40-00.jpg

五大老筆頭 徳川家康



今週はオープニングの演出がかっこよかったですね。

40-27.jpg
加賀大納言 前田利家(宅麻伸)

40-28.jpg
羽柴安芸中納言 毛利輝元(吹越満)

40-29.jpg
会津中納言 上杉景勝(津田寛治)

40-30.jpg
備前宰相 宇喜多秀家(栁俊太郎)

40-31.jpg
内府 徳川家康(松本潤)

五大老そろい踏みは壮観。特に大トリで家康が出てきたところは貫禄ありました。

対する五奉行は↓

40-02.jpg
長束正家(長友郁真)・増田長盛(隈部洋平)・石田三成(中村七之助)・浅野長政(濱津隆之)・徳善院玄以(村杉蝉之介)

うむ、力弱い!これでは五大老に対抗できる由もなし!(本来は対立構造ではなく協力体制ではあるが)
特に徳善院玄以って誰じゃと思ったそこのあなた。私も一瞬思いましたよ!前田玄以のことですね。

・・・とオープニングシーンを紹介したところで、改めて通常モードに。本日のトップは


○前田利家(宅麻伸)
40-04.jpg
三成を弾劾する武断派に対しては軽挙妄動することを厳しく制し、綺麗事でことを判断しようとする三成にはこの一喝。家康の行動にも一定の理解を示し、再び戦乱の世に戻らないようにバランスをよく見極めた度量のある御仁であったが、ついに病に倒れる。

病床を見舞った家康に対し、

40-05.jpg
「皆 貴公が怖いのよ」

40-06.jpg
今川義元の薫陶を受け、信長の同盟者として武田信玄・勝頼と死闘を演じ、秀吉には直接戦闘では勝利し最後まで一目置かれた家康のことを、今の政権の中枢にいる若い連中はみな古代のオロチのように恐れている、と。
実は五奉行は三成のほかは意外と歳行ってるものの、五大老では宇喜多秀家はまだ若く、輝元や景勝もあんな見た目をしているが家康から見たら一世代下の若輩者。それこそ家康は輝元からすれば元就や毛利両川の時代、景勝からすれば軍神謙信の時代と被っているレジェンドなわけです。唯一対抗できそうだった利家も、世を平穏に収めるには家康に腹をくくるしかない、と告げたのち世を去ります。先週来から様々な人物の言葉を受けてきた家康ですが、家中以外の同じ時代を生きたものの言葉はまた違った重みがあります。


○石田三成(中村七之助)
40-09.jpg
「戦のしくじりの責めは不問といたす」

加藤清正(淵上泰史)・福島正則(深水元基)・黒田長政(阿部進之介)・蜂須賀家政(武田幸三)・藤堂高虎(網川凛)
「はあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああ!?!?!?」
(+細川忠興・浅野幸長・池田輝政・加藤嘉明ら「三成許すまじ」

朝鮮で死闘を演じてきた諸将に対し、毎大河でおなじみの空気を読まない発言で火に油を注ぐ三成。

40-10.jpg
そういうところやぞ

40-15.jpg 
40-16.jpg
その後こいつらの入知恵の影響もあって家康との仲もあっという間に決裂。先週のシーンで三成は今の体制を秀吉から直接認可されたので、その体制を無視するようにふるまう家康は太閤の意思に背いているのは明白である、となってしまうわけですね。同じく先週家康は秀吉から「そんな体制無理に決まっている」「あとはお前に任せた」と本音で託されているわけですが、その場にいなかった三成からすれば家康は天下の簒奪者にしか見えないのでしょう。


紀行は石田会館、観音寺

次回は「逆襲の三成」
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: