fc2ブログ

記事一覧

第39回 太閤、くたばる

茶々(北川景子)に拾(後の秀頼)が生まれた。家康(松本潤)の説得により、明との和睦を決めた秀吉(ムロツヨシ)。しかし、石田三成(中村七之助)たちが結んだ和議が嘘とわかると、朝鮮へ兵を差し向けると宣言、秀吉の暴走が再び始まった。都が重い空気に包まれる中、家康は息子の秀忠(森崎ウィン)を連れて、京に隠居していた忠次(大森南朋)を訪ねた。忠次から最後の願いを託され 悩む家康に、秀吉が倒れたとの知らせが届く。


39-00.jpg

秀吉愛憎劇場 最終幕



○豊臣秀吉(ムロツヨシ)
39-01.jpg
過去作では最末期の秀吉は秀頼のことしか考えておらずただ「秀頼を頼む」と繰り返すだけの老人として描かれることが多かったですが、今作は(狐に取り憑かれた結果?)異常行動はとるものの、最後まで完全にはぼけておらず矜持は残った描写でした。もちろん今作でも「秀頼を頼む」発言は出ましたが、「ひでえ事はしねえでやって」「豊臣はワシ一代で終わり」という発言から息子ではなく家康が天下人になると予見できていた。

「天下はどうせおめえに取られるんだろう」

39-03.jpg
こんな状態になっても猿芝居(死んだふり)をする秀吉に対して家康怒りの「お前が大嫌い」発言に、
「儂はおめぇさんが好きだったに 」

これは往年の人たらしとしての言葉ではなく、今作における秀吉の本心だったように思える。信長の信を得ていた家康のことを嫉妬し、そして信長に対しても自らに対しても本音で接してくる家康を好ましくも思っていた。

39-04.jpg
信長から天下平定事業を継承しそれを成し遂げた手腕は家康も「見事であった」と認める。
その言葉を受けた秀吉は
「後はおめえがなんとかせえ」
「うまくやりなされや」


なお秀吉は家康を内大臣に推挙しており(これ以降家康は「江戸の内府」と呼ばれる)、次期天下人としての器は実際に秀吉も認めていたということになりそうです。

39-05.jpg
ラスト、死の直前の場面。茶々から「秀頼はあなたの子ではなく私の子」「天下は渡さぬ。あとは私に任せよ」と言われてわずかに笑み(?)を浮かべたこの表情。この時の秀吉の心情は解釈が分かれるでしょう。ショックを受けたままなすすべなく死んだとみることもできるでしょうが、自分の子ではないという事をある程度予期していた表情とみることもできそうです(あるいは今作の怪物じみた秀吉なら本当の種など今後の豊家にとっては大きな問題ではないとさえ思っていたかも)。私的には「茶々、お主に天下人は無理じゃ」「お主じゃ家康には勝てんぞ」と言いたかったがあえて言わなかった、そういう表情だったという気がしますが正解はないでしょう。いずれにせよムロツヨシさんの演技は素晴らしかったです。


○茶々(北川景子)
39-09.jpg
秀吉が倒れてもこの冷たい表情

39-10.jpg
秀吉今わの際の苦しみにも呼び鈴を遠ざける冷酷さ

39-11.jpg
とどめの一言

秀頼が誕生し豊臣家の後継者として公認されたことでもう秀吉に用はないとばかりに冷酷さを発揮。幼少時からの深い恨みと母に誓った決意を考えれば当然ともいえますが、最後の最後に秀吉を抱きかかえて涙するその感情はいったいどういったものか、複雑すぎる感情ですがどちらも茶々の本当の感情なのでしょう。いずれにせよ主たる復讐対象の一人である秀吉亡き後、本作においてもう一人の復讐対象である家康への対決姿勢が今後鮮明になってくるのでしょうね。


○酒井忠次(大森南朋)・○登与(猫背椿)
39-15.jpg 
39-16.jpg
ある雪の降る日、「殿から陣ぶれが出たのじゃ」と言って目も見えなくなった体で具足を身につける忠次。妻の登与も止めたり諫めたりせずに具足を纏う手伝いをし、きれいに纏えたところで忠次臨終。最後まで殿のために働きたいという忠次の忠義と、言葉を交わさずともその意を汲み取る夫婦の絆を表した美しい退場シーンとなりました。ご両名ともお疲れさまでした。


○小西行長(池内万作)
39-20.jpg
偽書でっち上げにより秀吉を激怒させ再出兵へ。ものすごい重圧に苛まれていたことは想像に難くありません。


○徳川秀忠(森崎ウィン)
忠次から「源頼朝の再来」と言われていましたが(注:ほとんど見えていない)、第1話で家康に対して言ったことと同じことをその息子に言うところがなかなか感慨深いです。秀忠本人はえびすくいの習得に腐心しておりました。


紀行は回向院、井田城、福谷城、吉田城

次回は「天下人家康」
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: