fc2ブログ

記事一覧

第38回 唐入り

天下統一を果たした秀吉(ムロツヨシ)は、次の狙いを国外に求めた。江戸開発に勤しんでいた家康(松本潤)をはじめ、諸大名を肥前名護屋城に集め、唐入りを命じる。朝鮮に渡った加藤清正たちから連戦連勝という知らせが届き、秀吉はご満悦だが、家康は苦戦を強いられているという裏情報を掴む。家康は石田三成(中村七之助)とともに渡海しようとする秀吉を必死に止めようとする。そんな時、家康の前に茶々(北川景子)が現れる。


38-00.jpg

天下人に取り憑く狐がいるという…



○豊臣秀吉(ムロツヨシ)
母の遺言や寧々の諫言をうけても「わしは正気だ」と言う秀吉。
「あんな小娘に誑かされておかしくなったとでも?」
お、実はちゃんと冷静さを保っているのか、と思ったのもつかの間、
「茶々を遠ざけるべき」という家康の諫言を受け豹変。

秀吉「徳川などいつでも潰せる」
家康「かつての底知れぬ怖さがあった秀吉ならばそんなことは口にすまい」
38-04.jpg
「目を覚ませ。惨めぞ、猿!」

ここで元将軍乱入。言いたいことだけ言って出て行ったが、秀吉の中にわずかに残っていた心の琴線に触れたか。
秀吉「わしはお主が羨ましかった」

38-05.jpg
秀吉、正気に返る(?)

正気が戻った秀吉は家康の言を容れ茶々を大坂に返し、朝鮮から帰陣した諸将を労い迎え入れる。しかしこのままなんとかいい方向で収まりそうな流れを一変させたのが茶々からの一通の手紙。

38-09.jpg
茶々懐妊の知らせを受け大喜びする秀吉

38-12.jpg
狂喜の秀吉 再び取り憑かれてしまったか

老いらくの恋は当人間だけで済めば結構なことだが、こと権力者が見境なくハマっては恐ろしきものという典型例。それを表現するムロツヨシさんの演技が回を増すごとに極まってきています。


○茶々(北川景子)
38-33.jpg
ザ・女狐
 
38-35.jpg
阿茶にしれっと

38-36.jpg
市との思い出話から家康をも取り込もうとするも、阿茶(松本若菜)の機転により家康は回避。正気を取り戻した秀吉に一時大坂に返されるも、次の手として妊娠を告げることであっさり再籠絡。まさに天下人に取り憑く魔性の狐。っていうか年齢的にもタイミング的にも秀吉の子じゃないだろ、と思ったら…(末尾参照)


○足利義昭/昌山(古田新太)
「周りがいいことしか言わんからじゃ」
「自分はそうはならん。そう思っておってもなるんじゃ」
「遠慮なく厳しい事を言ってくる者がおってどれだけ助かったか」

38-18.jpg
「信用する者を間違えてはならんのう」

あちこちの陣に押し掛ける面倒な元将軍。家康にとっては第13回のコンフェイト事件の因縁が残る人ですが、今回は重要な場面でいいことだけ言って立ち去るキーマンになりました。浮き沈みの大きすぎる人生だったからこそ言える言葉でしょうか(あるいはそこまで深く考えていないのかも)。義昭がこの時期に実際に名護屋に在陣していたことをドラマに生かした見事な脚本です。


○浅野長政(濱津隆之)
38-24.jpg
イエスマンだらけの豊臣家臣団にまだ男気のある臣下が残っていようとは…


○石田三成(中村七之助)
「殿下のすることは正しいこと」と言いながら秀吉に忖度していた三成であったが、かつて語った「主君が道を誤ったらそれを正す」ことを家康の言動がら思い起こし真の忠臣とは何かを気付くシーンは良かったですね。一時目を覚ました秀吉から渡海の苦労を労われた際、涙を流して家康と目線を合わせたところなど「良いころの秀吉に戻った、苦労が報われた」という感情が伝わってきましたが、ラストの手紙で一気に不穏な空気に。
38-25.jpg
この表情も秀逸


紀行は名護屋城佐賀県立名古屋城博物館

次回は「太閤、くたばる」

38-37.jpg
死ぬ直前にこれを言われたら心臓がキュッってなるわ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: