fc2ブログ

記事一覧

第36回 於愛日記

家康(松本潤)は真田昌幸(佐藤浩市)から、北条に領地を渡す代わりに徳川の姫がほしいと頼まれる。忠勝(山田裕貴)の娘・稲(鳴海唯)を養女にして嫁がせようとするが、父娘ともに猛反対。そんな中、家康が探させていた武田の女を、元忠(音尾琢真)がかくまっていたことがわかる。説得に向かった忠勝は、抵抗する元忠と一触即発の危機に陥る。改めて、於愛(広瀬アリス)が元忠に話を聞くと、意外な事実が――。


36-00.jpg

偽りの笑顔 本当の笑顔



○於愛の方/西郷局(広瀬アリス)
36-01.jpg
前夫、西郷義勝の戦死により自害を考えるも、自らを見つめる子供を前に思いとどまる。しかしこの時に心は死んだ、と言う。
徳川に奉公することになりお葉の「嘘でも笑っていなされ」という言葉を受け、偽りの笑みを絶やさないようにし続ける。しかし…

36-02.jpg
「私の笑顔は 偽りでございます」

36-03.jpg
「…お慕いするお方では…ない」

そんな於愛にも、幾多の苦難が襲い掛かる家康を近くで支え続ける中で心境の変化が。
「たとえ偽りの笑顔でも 絶えずおおらかでいよう」

今作の於愛の方を演じる広瀬アリスさんについては、第23回で家康のケツを激しく叩く登場からしてなんか軽いなあという第一印象でしたが、あれも無理に努めて明るく振舞っていたのだとわかりまんまと騙されていました。見事な脚本と演出、そして演技力です。

「人の生きる道とは つらく苦しい茨の道」
「そんな中で 慕い慕われる者あることがどれだけ幸せなことか」


36-05.jpg
家康に対し「救われたのは私のほうなのでございます」と語る於愛。

最後は偽ることのない本当の笑顔で退場することができた広瀬アリスさん、お疲れさまでした。
(なおこの笑顔のネタとなった信康と五徳の祝言の日の事件については、第24回で瀬名もコイのことを言って笑っていましたが、今回分かったのはコイが魚の鯉であったことくらいで詳細は相変わらず不明)


○鳥居元忠(音尾琢真)・○千代(古川琴音)
家康が行方を捜させていた千代を内密に匿っていたのは徳川一の忠臣である彦。久々登場の渡辺守綱(木村昴)のお漏らしにより事が発覚。なお守綱は彦の怒りの蹴りを喰らう。
於愛「彦殿を慕う気持ちはまことのものか」
千代「分かりませぬ」「きっと偽りでございましょう」

(このセリフを横で聞いた彦が変に狼狽えたりせずにじっと千代の顔を見るシーンがよい。共に過ごした半年間の生活で千代の内面をよく知ったからこそできる表情だと感じました。)

36-10.jpg
千代の言葉を自分と照らし合わせた於愛の方の助言を容れた家康の裁定により二人は晴れて一緒となる。私的には今作の造形において彦は正信と並んで好きなキャラなので、そこに再登場の千代さんがくっつくとは思いませんでしたが(注:元ネタはあり)、さらに物語に幅と深さができたと思うので歓迎します。これは伏見城の話はより重みの増す、辛いものになるのかな。


○本多忠勝(山田裕貴)・○稲(鳴海唯)
36-11.jpg
先週の続き

36-12a.jpg 
36-14.jpg
真田は好きではないという父娘だったが、稲が彦と千代との話や北条に嫁いだおふうの話と絡めて自らの戦場として真田に嫁ぐ決意する流れは非常にドラマ的に秀逸。千代のことを真田の間者と最後まで疑う平八郎も、その根底にあったのはかわいがって育ててきた娘を手放したくない気持ちからのものであった。今作の稲は私が見てきた作品の中では一番好きな描かれ方をしていますが、これは平八郎のことを初期から見ていることでより感情移入できているからなのかもしれません。


○豊臣秀長(佐藤隆太)
秀長「今や兄を諫められるのは北政所様と徳川様だけ」
家康「秀長殿 あなたがおりましょう」
36-20.jpg
秀長殿死なないで


○茶々(北川景子)
36-22.jpg
誰もが予想通りの配役でした。


紀行は五社神社、法台院

次回は「さらば三河家臣団」
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: