fc2ブログ

記事一覧

第35回 欲望の怪物

秀吉(ムロツヨシ)は母・仲(高畑淳子)を、家康(松本潤)の上洛と引き換えに人質として岡崎へ送る。秀吉は家康を歓待する中、妻の寧々(和久井映見)や弟の秀長(佐藤隆太)を紹介し、諸大名の前で一芝居打ってくれと頼みこむ。大坂を発つ前夜、秀吉から北条・真田の手綱を握る役目を任された家康は、一人の男と出会い興味を持つ。それは豊臣一の切れ者と名高い石田三成(中村七之助)だった。


35-00.jpg

殿下の陣羽織を 頂戴いたしとうございます。



○豊臣秀吉(ムロツヨシ)
35-01.jpg
家康「起きておいででござろう」
秀吉「・・・かなわんのう(ムクリ)」


上洛した家康のところに、接見前夜に自ら訪問し歓待する秀吉。つい先日まで敵対していた相手に対してこの対応、やはり人たらし能力は抜きんでている。さらに寧々と秀長を紹介。この二人は秀吉の身内にして豊臣家の良心でもあるので、家康は硬軟両面から豊臣家に懐柔されそうになるわけですが、もとより天下一統のために秀吉に臣従する道を選んだ家康は、秀吉の猿芝居も飲み込んで絆をより深めることを決めます。

35-02.jpg
陣羽織の猿芝居もやっちゃいます。
(この「な~に~!?」が尾張弁っぽくてよい)

35-03.jpg
しかし戦をなくすために精一杯努めるという家康の言葉に対して、関白秀吉の底は知れず。国内統一後のその先の目線や、言葉を濁した茶々のことなど、まさに「欲望の怪物」なのか。


○仲/大政所(高畑淳子)
「ありゃ わしの息子なんかのう?」
「わしゃ 何を生んだんじゃ?」
「とんでもねえ化け物を生んでまったみたいで・・・」

35-12.jpg
美男の直政のことを気に入ってベタベタするシーンと秀吉のことを自分の息子でも制御することができないと訴えるシーン、振り幅の大きさを演じる高畑さんさすが。

35-07.jpg
上洛した家康に何かあったら人質を焼き殺す準備をしていた話などもしっかり盛り込まれました。しかし直政えげつない。


○石田三成(中村七之助)
35-08.jpg
豊臣家臣団随一の切れ者にして変わり者・石田治部少輔との初遭遇

35-11.jpg
気が合いそうでござるなあ

35-09.jpg
南蛮の星座の話など、脳筋と戦略脳ばかりの徳川家臣団ではできようもない。そのような夢のある話、ひいては全く新しい国造りの話をできる三成のことを家康も気に入ったようである。現時点で大河史上最も気が合いそうな二人であるが、この先果たして。


○稲(鳴海唯)
35-13.jpg
於愛「あなたの父上に言いつけますよ」
稲「それだけは ご勘弁を」(ガチトーン)


35-15.jpg
その父親↑(覗き魔外から見張っている)


○老婆(柴田理恵)たち
35-17.jpg
北条及び東国への抑えとして、長らく居城とした浜松から東の駿府へと本拠の移転を決定。去る前に浜松の民への感謝の気持ちとして餅を配っていると、あの時の老婆が!椿姫(お田鶴)の件や三方ヶ原などいろいろな因縁がありましたが、ここでそれも清算。あの時は本当にちょっとだけ漏らしたと語る家康に器の広さを感じられました。


紀行は上田城、北国街道柳町

次回は「於愛日記」
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: