fc2ブログ

記事一覧

第34回 豊臣の花嫁

打倒・秀吉(ムロツヨシ)を誓ったはずの数正(松重豊)が豊臣方に出奔、徳川家中に衝撃が走る。敵に手の内を知られたも同然となり、家康(松本潤)は追い詰められるが、そこに未曽有の大地震が発生し、両軍戦どころではなくなる。何とか家康を上洛させたい秀吉は、妹の旭(山田真歩)を家康に嫁がせ、さらに老いた母まで人質に差し出す。秀吉に屈服するか、全面対決するかの二択を迫られた家康は……。


34-000.jpg

演出 



○旭(山田真歩)
34-02.jpg
家康上洛のために正室として無理やり送り込まれた秀吉の妹。年増にして品もないようなその振る舞いに徳川家臣団は困惑するも、その飾らぬ明るさに奥ではすぐ馴染む。丸の旭姫(演:清水ミチコ)は器用悪しの超絶愛想なしでしたが、今作では器量はともかく愛嬌は満点の旭姫となっています。しかしその心のうちは。

34-04.jpg
無理やり離縁させられ、元の旦那の消息は知れず。それでも豊臣と徳川両家の橋渡しとなろうと必要以上に必死に明るく振る舞って頑張っていた旭。その旭が老いた母まで人質に来させると聞いて自らが役に立たなかったと慟哭するシーンは胸を打つものがありました。

34-12.jpg
当初は秀吉との駆け引きの道具としか見ていなかった旭にやさしい言葉をかける家康。於大の方と於愛の方からの言葉、そして数正の真意を受けて囚われていた心を解放し、憑き物が落ちたようなその表情には他者を思いやることのできる今作当初からの家康が戻ってきました。今回の家康の描写も大変素晴らしかったです。


○石川数正(松重豊)
34-06.jpg
これまで無骨かつ合理的な考えを持っているように描写されていた数正。三河平定戦の時には「お前は情が薄い」とまで言われていました。その数正が押し花という手段により築山の思いを閉じ込める。この通常の数正とは対極のある種ロマンティックな行為が、主戦論で固まった家康を含めた徳川家臣団一同を救ったわけですね。

34-07.jpg
第6回では単身敵地に乗り込み、瀬名と幼少時の信康を抱えて生還した数正。その数正が瀬名と信康に対する情を持っていなかったわけはないのです。家臣団皆から「あほたわけ」(訳:親愛の情を表す)と言われた数正。豊臣政権下で閑職に押し込められるも、鍋さんと一緒に穏やかな生活を送るその退場シーンは満ち足りたものになりました。


紀行は松本城、中町通り、天白神社、兎川寺

次回は「欲望の怪物」
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: