FC2ブログ

記事一覧

年末年始攻城戦 vsヘロコヤシキ

上州山城ベストシーズン・年末年始特別編

前回の予告通り、年末年始特別編のラストは東毛地区へ。八王子丘陵(俗称「桐生アルプス」)の完全制覇を目指すにあたり、どうしても気になるピークの存在があります。その名は「ヘロコヤシキ」。城館探訪をする者にとって、何とも魅惑的な名称ではないですか。
この名称の由来については確認できる範囲で調べておきましたが、詳細は本編に譲ります。問題はその場所に到達できるか否か、その1点のみ。

結論から言うと攻略には成功しましたが、難易度は上級を越えていると言っていいでしょう。山城の難易度というのは、比高ももちろん一つの要素ではありますが、それ以外の要素の方がむしろ重要と感じます。私的な難易度の判断基準の一つは攻城するのに「手を使うことが必須か否か」。四つん這いになって地面をつかみながら登らないといけない、木にしがみつきながら登り降りしないといけない、藪をかき分けながら進まないといけない、などなど。今回のヘロコヤシキはこのすべてに該当しています。おまけに登りも下りも踏み跡が見つからず、GPSを使用しても下りでルートをロストしました。ルート整備状況も当然難易度に直結します。そういった意味では一般に難度が高い山城といわれる坂戸城御坂城松尾古城の上の遠見番所村上連珠などは、すべてハイキングルートが整備されているので私の中では超級の難度には該当しません(もちろん攻略するにはそれなりの体力が必要ではありますが)。



本日の成果

荒神山の砦
伝・惟喬親王御所
(惟喬親王宮)
彦部屋敷(外観)
加茂神社
加茂山祭祀遺跡
手臼山砦
ヘロコヤシキ



Screenshot_20200104-134501.jpg

Screenshot_20200104-145132.jpg

探訪時の位置情報の確認について。以前からグーグルマップの簡易GPSに『群馬の城館マップ』を重ねて攻城時に活用していましたが(上画像)、グーグルマップの改悪により等高線が消滅したので(→参照)、山城攻略には甚だ不便となりました。ということで最近、周囲の流れから2周ほど遅れてようやく私もまともなGPSを使用するようになりました(下画像)。あとは『群馬の城館マップ』のデータを下のアプリと重ねられたらとても便利なのですが。
ちなみに下画像には破線の登山道が描かれていますが、そんなものは存在していません。主稜線側から進めば難度は下がりますが、下から登ると修行レベルになります。


年末年始特別編はこれにて終了。来週からは通常攻城に戻ります。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: