FC2ブログ

記事一覧

第4回上州沼田真田まつり 天空の城下町(前編)

20191031153434.jpg
今年で4回目を迎える上州沼田真田まつり

こちらのまつりはまだ見に行ったことがなかったのですが、最近結成された上州真田武将隊を一度生で見てみたかったので初参戦することにしました。まつりは土日の2日間にわたり開催されますが、日曜日は別のところに行こうかと考えているのでとりあえず1日目だけ。

2019年(令和元年)11月9日(土) 
高崎の山奥にある自宅を出発。利根沼田・新潟方面に行くときには道中にあるR17沿いの永井食堂をよく利用しており、この日もそこで朝昼兼の食事をとろうと思っていたのですが、現地に到着するとまだ11時だというのに駐車場満杯で溢れた車が国道上に列を作っている状態。この店は回転率はいいのですが、この状態ではさすがに待ってられないので回避。何も食べなくても別にいいかと目的地へ。

沼田市街のまつり会場付近は交通規制が敷かれており、沼田公園に十分な広さの臨時駐車場が設置されていますが若干会場から離れているのがネック。私はまつり用の臨時駐車場ではなく、この公園内にある観光案内所に用があったのでそちらの駐車場へ向かったところ、完全に満車!こりゃびっくりだわと思いながら少しぐるぐるしていたらちょうど1台の車が出て行ったので何とか駐車することができました。ラッキーラッキー。



IMG_7589.jpg IMG_7591.jpg
沼田市観光案内所              目的はコレ

用事とはこちらの続100名城スタンプ。近場にありすぎるためか上州の3つのスタンプはまだ未入手であったので、この機会に一つだけゲットしておくことにします。試し押ししたところ異様に薄かったもののそれはよくあること、本番は長押しで対応し良好の範囲内に。これだけスタンプ押しやってればもう大抵の状態ならきれいに押せる技術というものを習得しています。これにて180個目。


無事スタンプゲットできたのでいつもの記録をば


visit128_179.jpg
前回終了時(179)



visit128_180.jpg
今回終了時(180)

未訪の城はあと6城で変わらず


案内所に来たからにはもう一つやることがあります。それはもちろんパンフ集め!


IMG_7599_20191112211920332.jpg
宝の山

私のパンフ好きは過去記事でも何度か触れていますが(ブログ内検索したらいくらでも事例が出てきます。過去記事1 過去記事2 過去記事3 過去記事4 etc.etc...)パンフの内容の進化はまさに日進月歩。ちょっと見ぬ間にまた新しいパンフが登場します。中でも「天空の城下町 真田の里 沼田」という横長のパンフは2018年の自治体PR部門で最優秀賞、第6回ふるさとパンフレット大賞敢闘賞受賞作品ということで、もはやパンフの域を越えてフォトブックレベルの出来栄えです。金取って販売していいレベル。あと個人的に入手して嬉しかったのが山関係のパンフ。利根沼田地域の日本百名山ルートガイドや、近年制定されたぐんま県境稜線トレイルの詳細冊子。来年あたり県内の百名山もアタックしようと考えていたのでこれらの資料は大変参考になります。
ここで入手したパンフの中身を紹介していったら簡単な内容を書くだけでも丸3つ分くらいの記事が埋まりそうですが、もったいないので個人で楽しむだけにしときます。これがすべて無料で入手できるなんてどうかしてるぜ。


案内所内にはこんなものも↓

IMG_7601.jpg
ジオラマ


IMG_7602.jpg
五層天守

たしか前回沼田城を訪問したのはこの記事の時だから2015年の大晦日(記事作成日と訪問日は違っていた気もするが大体その近辺)で、およそ4年弱の月日が流れたことになります。その間、真田丸が放送されたり続100名城に選定されたりで、一気に観光地化が進んだ感じがします。展示物もどんどん進化していってますね。あとカウンターでは最近話題の御城印も購入できるようです。私はスタンプとパンフだけで大満足なのでそっちまで手は伸ばしませんが、集めてる人はぜひどうぞ。



IMG_7595s.jpg
立ち去り際、こういうものを発見。曰く、スタンプを6回重ね捺しすると沼田城が完成するそうな。これ確か丸亀城で最近同じようなのやっていたのを見た記憶があります。よさそうなものを取り入れるのは良いことです。



IMG_7596s.jpg
一つ目を押すとこんな状態

こうなると俄然完成品が見たくなりますね。ほかのスタンプ設置場所はマップに記されており、街なか中心部の各所に散らばっています。今日はまつり見物で強制的に街中を歩くことになるので、ちょうどよい目標ができました。これはかつて雨の中首里城スタンプラリーを完全制覇して国王印を拝受した経歴を持つ私にはもってこいのイベントです(→参照)。まつり開始前にこの案内所に立ち寄って大正解だったようです。



IMG_7597.jpg
もう一つ、ぐんまちゃんの記念スタンプもゲット



IMG_7610.jpg IMG_7612_201911132155052f8.jpg
IMG_7614.jpg IMG_7616_201911132155080a9.jpg
案内所を後にし沼田公園内を軽く散策。しかしよく考えたら沼田城の記事をまだ作成していなかったので、公園内の様子は城紹介の本編でまとめて掲載することにします。

それでは街なかへ向かいましょう・・・と公園を出て少し進むと、沼田小学校の校庭が駐車場として開放されていることが判明。どうせなら少しでも会場寄りのところに駐車しておきたいよねということでいったん公園に戻り車を移動。



IMG_7628_20191117214723177.jpg 
沼田小学校正門
 
IMG_8011.jpg IMG_8012_2019111721490276a.jpg
大手門跡                  外堀跡

沼田小校庭に駐車し城門風の正門から外へ。この場所が沼田城の大手門や外堀の場所に当たるといいます。こういう時でもないと堂々と学校敷地内に入れないので、これらの表示を見つけたのは私も今回が初めて。

それでは今度こそまつり会場へ。



IMG_7634.jpg
沼田小学校からまっすぐ南下し、まつり会場区域へ。この時間帯は車両進入禁止。正面奥の右手に見える建物は沼田市役所や歴史資料館などが入所する庁舎等複合施設・テラス沼田。リニューアルする前はグリーンベル21という商業施設でした。以前の沼田市役所の庁舎は県内でもワースト3に入るボロいもの(失礼!)でしたが、令和元年度にテラス沼田に移転して一転してスマートなオフィスと化しました。



IMG_5235_20191117223925550.jpg
ボロかった旧庁舎)


このテラス沼田にはまつり当日前に訪問したことがあったのでその時の記録もついでに掲載します。↓



IMG_8214_20191117223923e0b.jpg  
IMG_8215.jpg IMG_5240_20191117223928b96.jpg
FM OZE

2階のコモンテラスというところに入っているFM放送会社。瑞葉翔子という女の子キャラがいるようです。検索するとプロフィールが出てきました。→こちら



IMG_5238.jpg
訪問時に貼られていたポスター。川田城展ですって。川田城・・・とある記憶がよみがえってきました。あれは今からもう10年以上前、たぶん2008年のことだったと思いますが、この城は現地に赴いて攻略しています。城域が思いっきり個人宅の敷地内になっていましたが、確か説明板のようなものもあり、道路側から撮影した記憶があります。そして少し離れたところに加沢記の作者・加沢平次左衛門の墓があり、そこも一緒に見学をしました。
これで終われば何の問題もなかったのですが、墓の場所から先ほどの個人宅敷地内の城域を見ると、堀のようなものが見えて、なおかつこっち側からだとそこまで行けちゃいそうな感じだったんですよね。で、ちょっとだけ入っちゃったんですよ無断で。堀だけ見たらすぐ撤収しますからと思いながら。そしたらちょうどその堀のあたりが件の個人宅の裏庭のような場所で、そこで庭の手入れをされていた屋敷の奥さんと思われる方と鉢合わせになってしまったわけですよ。幸いなことに通報されるようなことはなく、むしろ「若いのに城に興味があるんですね」みたいな感じで友好的にふるまってもらえたくらいだったのですが、よくないことをやってしまったなあと反省したものです。当時の私は若くシュッとしていており、自分で言うのもなんですがおばちゃん受けがいい感じだったので見た目で救われた感もあったかもしれません。その写真も例の事件で消滅してしまったので、個人的データベースである『群馬の城館マップ』では訪問済みではありますがオレンジではなく白ポイント扱いにしております(摘要欄参照)。

懐かしくなって思わず長文になってしまったが、この川田城展、興味はありましたが結局行くことはできませんでした。円珠姫にも興味があったんだけどな。
・・・と思って今調べると、「川田地区地域資源活用研究会ホームページ」というサイトにこの時の川田城展の内容が掲載されていました。円珠姫の詳細や資料なども掲載されていて大変興味深いです。川田城下川田城)を再訪するとき(むろん無断進入はいたしません)は、円珠姫関連史跡なども合わせて巡りたいなと。



IMG_8210_20191117223922d92.jpg
テラス沼田の真ん前にある「天王石」。由来は慶長17年(1611)にまで遡るという。



以前の話終わり。まつり当日に戻ります。


天空の城下町(後編)へ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: