FC2ブログ

記事一覧

『北上州方面に残る未周知中世城砦址研究』

先の記事で「今年の年末年始は一日おき(12/29、12/31、1/2)に難易度の高いvs攻城戦を行うことにします」と表明しましたが、実際の年明けは以下の通り。

1/1 ニューイヤー駅伝
今年はめずらしく風が弱いなあと思いながら視聴していたら終盤までもつれて目が離せなくなる。県庁前のデットヒートは見ごたえあった。


IMG_6034.jpg
おせち いくら食べても食べ切れず


1/2・3 箱根駅伝
今年も区間新が続出し、順位変動もあって往路も復路も面白かった。結局最後まで見てしまった。


IMG_6037.jpg
餅15kg 今年もカビが生えてからもひたすら食べ続けることになろう

ということで三が日は駅伝見ながら大量の食材とフードファイトして終了。家から一歩も外に出ない贅沢の極みを堪能してしまった。

しかし私も単に退廃したローマ貴族のような生活を送っていたわけではなく、この時を利用してある書物の所在を探索していたのです。そしてついにその所在が判明。


IMG_6057.jpg
『北上州方面に残る未周知中世城砦址研究』

この資料は平成29年発行の非売品。渋川市村上(旧小野上村)在住の佐藤氏が、長年の観察調査により発見した未周知城砦を紹介しているものです。群馬は大巨人・山崎一先生の功績が大きすぎるがゆえに、それを乗り越えての未発見の新規城館研究がなかなか出てこなかったのですが、それを打ち破っての研究は他の地域よりも価値があるものです。

発行から少し経った時点でこの資料の存在は把握していたのですが、県立図書館にも在庫がなかったり、見つけたと思った別の図書館では禁帯出区分だったりで、少し入手が遅れていたのでした。それをこの三が日の情報戦を制し、ついに貸出可能な図書館を発見することができたのです。私は市販の書籍を買うのをやめてもう久しいですが、非売品となると途端に手間暇惜しまずの入手欲が復活します。

そして中身を熟読。いやー、大変刺激を受けましたねこの資料には。特に榛名山周辺の陣場については、私も『箕輪城と長野氏』の記述からいくつか候補地を絞っていたところだったので、まさに一番欲していた情報でした。資料に掲載の未周知城砦については『群馬の城館マップ』に新規で40城ほど登録したので、興味のある方はご確認ください。これで登録城館数1600越えも目前です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: