FC2ブログ

記事一覧

上善地の砦 ~箕郷のもう一つの百観音~

箕郷探訪ファイナル・後半戦

妙福寺砦から県道126号を山に向かって進む。下善地の砦を越え、中善地地区も過ぎ、県道154号線との交差を右折。月波神社を過ぎ道が左にカーブする左手頭上に築かれたのが上善地の砦上善地の内出上内出とも)。この場所は写真消滅のため再訪となります。


IMG_1266_20181225211840ef8.jpg
砦下から


IMG_1262_20181225211836ab8.jpg
砦内から

箕輪城の出城の一つであるが、奥に見える谷間の上善地集落を守る砦でもありそうです(集落入口の高台に位置している)。



IMG_1263.jpg IMG_1264_20181225211838f50.jpg
砦内の現況は墓地となっており、敷地の縁を囲むように石像がずらりと立ち並んでいます。これは前回来た時は気が付かなかった。箕郷町には松之沢の百観音という史跡があるのですが、ここも百基ほどの観音様が並んでいるように思えます。後日調べたところ、高崎市のホームページにこのことについての記事が掲載されていました。以下転記。

上善地の百観音(すべてが舟形光背の浮き彫り)

箕郷町の百観音といえば松之沢百観音を思い浮かべますが、上善地にも百観音が存在します。月並(波)神社から東へ400メートルほど行くと、左カーブの高台に墓地があり、墓石を囲むように観音様が並んでいます。すべて舟形光背の浮き彫りで、右に村名、左に願主名が刻まれています。十一面観音、馬頭観音、地蔵尊などがあり、困った人が願をかけると直ちに救いの手を差し伸べるといわれています。合計で126基あるといわれています。(高崎市HP参照)




IMG_1269_20181225211843ace.jpg IMG_1268.jpg
砦のことを示す表示物があったはずだが見つからない・・・と少しうろうろしたところ、ちょうど木の葉に隠れるような場所にありました。内容はほとんど読み取れず。まあ前回来た時もすでにほとんど読み取れない状態でしたが。あれからかなり年月が経っているが、よく朽ちずに残っていたものです。



所在:群馬県高崎市箕郷町善地
評価:

土居や堀切といった遺構は見られず、地形そのもので集落入口の障壁をなしていたもののように思えます。珍しい百観音や表示物の残骸を見られた分ランクアップ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: