FC2ブログ

記事一覧

富岡童子山砦 ~稲荷山砦と別城一郭~

箕郷探訪ファイナル・後半戦

旧箕郷町の城館の悉皆調査・ファイナルの陣*
*ただし後日、新規城砦として摺臼岩狼煙台鐘撞山狼煙台玉木山狼煙台が判明したため完全攻略はまた後日)

箕郷町の富岡地区にある二つの独立した小丘陵(西の童子山・東の稲荷山)に砦が築かれていたとされ、これらを合わせて富岡の砦と呼んでいます。この砦はだいぶ以前に攻略済みですが、公開する前に写真消滅してしまったため再訪。こういった場合、何年前に行ってるだとか何回行ってるだとか言ったところでまったく意味を成しません。


IMG_1212_20181221194246f83.jpg
右手前の建物は富岡集会所、その背後の山が童子山。
写真撮り逃しましたが、もう少し南から見れば左右に童子山・稲荷山が並んでいるのがよくわかります。

童子山は南北150mほどの丘陵地形で、資料によると南北2つの郭に分けられていたようですが、現在南半分は宅地や畑地となっています。


IMG_1216.jpg
北半分の一角に削り残しのような形で小山が残っており、よじ登ってみると頂上に石碑や祠がきれいに集め並べられていました。頂部の削平地は砦の名残かもしれません。



IMG_1218.jpg
童子山砦から道路を挟んで北側下にある消防団第二分団のシャッターに描かれているドラえもそらしき。そういえば前回この砦を攻略した時もこの絵を見た記憶があります。なつかしい・・・



所在:群馬県高崎市箕郷町富岡
評価:

表示物はなく明確な遺構もありませんが、地形面で名残が残ります。砦将と伝わる長野左京亮直業は長野業政の弟(甥とも)で、箕輪落城時に自害したといいます。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: