FC2ブログ

記事一覧

一支国博物館(前編)

鬼の窟古墳からr172~r23経由で一支国博物館へ。ここが本日のメインとなるかどうかは展示内容にかかっている。


IMG_8121.jpg IMG_8122.jpg
特異な外観の博物館。かの黒川紀章設計の建物という。長崎県埋蔵文化財センターも併設されています。県の埋文センターが離島に設置されているのは全国でも初であるとのこと。

入館料400円、JAF割で1割引(360円)。入場時に受付の女性から「服にゴミのようなものがついていますよ」と笑顔での指摘。見ると小さい葉っぱやクモの巣が固まったようなよくわからないものがへばり付いている。これは善意で指摘されるのは恥ずかしい。身だしなみには気を付けなければなりません。しかしどこでこんな状態になったのかな。生池城か、その前の本浦城あたりがあやしい。ちなみにこの施設の係員さんは古代人の装束をモチーフにしているのが、上質な貫頭衣とセンターマンを融合したような衣装を身に着けています。


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: