FC2ブログ

記事一覧

不産女石 ほか

猿岩近辺で見かけたその他スポットについてまとめて掲載。


IMG_7865.jpg
黒崎園地案内図(再掲)


IMG_7879.jpg IMG_7886.jpg
お猿のかご屋

黒崎砲台の地上側見学通路沿いにある土産物屋さん。中には在りし日の黒崎砲台の写真資料も展示されています。ねこちゃん発見。



IMG_7864.jpg IMG_7889.jpg
1枚目の案内図にある通り、小高い丘陵の頂上は展望所となっています(グーグルマップの表記は「唐人神展望所」)。登れば眺めがよさそうでしたがめんどくなったので遠景のみ。



IMG_7908.jpg
壱岐出会いの村


IMG_7911_201809042331001b6.jpg
同所近くからの眺め



IMG_7912.jpg
黒崎半島の入口付近まで戻ると、道路わきに不産女石(うまずめいし・馬爪石)の看板があるのを発見。曰く、婦人がこの石に腰をかければ子を産まないという。間違って座ってしまうとなかなか大変なことになる石です。『壱岐ナビ』によると「牛等の偶蹄類と蹄の割れていない奇蹄類の馬を暗にかけての言葉のようで、馬の爪(うまのつめ)と石女(うまずめ)からこの不産(うまずめ)石が来ていると思われます。」とのこと。



IMG_7915.jpg
黒崎半島から湯ノ元温泉に向かう途中の道路沿いに駐車スペースと説明板があったので停車してみる。説明板には「壱岐のステゴドン象化石産出地」とあり、昭和46年、六郎瀬鼻(この写真正面の海に突き出た部分)の流紋岩が露出した海岸でステゴドン象の化石が発掘されたとのこと。この象は1200万年前から200万年前にアジア大陸に生息した象の先祖で、壱岐が大陸と地続きだった頃に渡ってきたものと考えられている。化石は壱岐郷土館に展示してある。(『壱岐観光ナビ』参照)



IMG_7917.jpg
この場所からの湯元(湯ノ本)湾の眺めはこれまた素晴らしい。夕日が沈む光景などまた格別でしょうね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: