FC2ブログ

記事一覧

槍ヶ岳登山編 プロローグ

次の本伝→2018.9 近畿・東海大遠征
前の本伝→2018.6 新潟・南東北探訪


IMG_4857.jpg
憧れの槍の穂先へ



山城を多く攻略していくようになると、ある程度は山歩きの資質も備わってきます。しかし中にはちょっと山城をかじったくらいで「登山道が整備された北アルプス登山のほうが未整備の藪城を攻略するより簡単だ」みたいな勘違いをする人も出てくるようで。そういった思い上がりがないよう、私はここ数年山城完全オフシーズンの夏期において本格的な「山」を登っています。

昨年2017年の日本三霊山制覇(→こちらの記事参照。何一つ完結していない・・・)から1年。
今年の目標は・・・憧れの槍ヶ岳

標高3180mは日本第5位。「日本のマッターホルン」とも言われる特徴的なシルエット。深田久弥の言葉ではないですが、一度はあの槍の穂先に立ってみたいと思い描いていました。

富士山と槍ヶ岳は、日本の山を代表する2つのタイプである。(中略)一生に一度は富士山に登りたいというのが庶民の願いであるように、いやしくも登山に興味を持ち始めた人で、まず槍ヶ岳の頂上に立ってみたいと願わない者はないだろう。
— 深田久弥、『日本百名山』



登山予定日は7月最後の週末2日間。時期的に土・日だと年間でもトップクラスに激混みするだろうが、日・月ならピークは外すことができるだろうと予想。日曜の早朝から登山を開始し、1泊2日での槍ヶ岳制覇を目指します。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: