FC2ブログ

記事一覧

対馬・壱岐 国境の島ものがたり プロローグ

次の本伝→2018.4 関東春のスタンプまつり
前の本伝→2017.11 裏磐梯・南会津


狗邪韓国からはじめて海を渡ると対馬国に着く。山は険しく、深い林が広がり、道も獣道のようだ。良い田がほとんどなく、海産物を食べて生活し、南や北へ行き、交易をしている。

対馬国を出て、また南に海を渡ると一支国に着く。海の名は瀚海という。林が多く、少し田はあるが、田を耕しても、食料が足りないので、やはり南や北へ行き、交易している。 
(「魏志」倭人伝(現代語訳)より抜粋)


日本最多の971の島を有する長崎県。中でも朝鮮半島との間に飛び石のように浮かぶ壱岐と対馬は、古代より日本と大陸を結ぶ「海の道」の要衝であり、地理的に大陸や朝鮮半島に近いことから、融和と衝突の最前線にありました。

『探訪記本伝』、今回の舞台はこの二つの島で、日本遺産にも認定されたストーリーをめぐる旅となります。



2018年4月6日、続100名城のスタンプラリーが開始。100名城達成者の中ではトータル出費が一番少ないであろうと自信をもって言える私として、今回の続100名城でもその独自スタイルをさらに進化させて挑むことになろうかと思われます。
実際のところ公共交通機関を使えば自走よりも楽に短時間で行けたりもするところも多々ありますが、融通の利かない旅はあまり好みではないこともあり、基本的にはどれだけ距離が遠くとも車で行けるところは自走で目指すことを原則とします。ただしトータルで明らかに出費が安くなる場合などは、自走できる場所でも例外として飛行機を使う場合もあります。

さて、記念すべき続100名城の最初のターゲットとして選んだのは対馬の金田城。対馬は2016年前半に一度訪問を計画していたのですが、ちょうどそのころ続100名城の選考が開始されるという話を聞き、清水山城金田城のどちらか一つは間違いなく入るだろうと確信していたので訪問を延期した経緯があります。そして予想通り金田城が続100名城に選定されスタンプラリーが開始となった今回、満を持して訪問となった次第。ということでいきなり例外の飛行機使用のパターンからの開始になります(福岡まで行くのに高速より飛行機のほうがはるかに安いという事実!)。せっかくの機会なので対馬と合わせて壱岐も探訪することとしたためにかなりタイトなスケジュールとなったわけですが、これはいつものこと。

スタンプ帳については、100名城の時は無料配布されていた非売品のスタンプ帳を使っていたので今回も無料配布のスタンプ帳が出ないかぎりぎりまで待っていたのですが、いつまで経っても出されないようです。仕方がないので出発前日に公式ガイドブックをやむなく購入。荷物を最小限にするためにスタンプ帳だけ外し、いらないガイドブックはすぐに本棚にぶち込む。おそらくもう見ることはないだろう・・・



出発当日

深夜1:30 自宅発
ほとんどの区間がバイパス化されたR354をほぼノンストップで快走。途中全く見覚えのない新しい道を走ったが、そこが平成30年3月24日に開通したばかりの国道354号板倉北川辺バイパス区間であったらしい。いずれにせよ交通量のない深夜では高速を使う必要もなく成田までノンストレスであっという間に到着。早く着きすぎたためコンビニで時間調整。

4:30
空港近くのいつも使っている駐車場へ営業開始と同時に入車。そのまま第一便の無料バスで空港まで送迎してもらう。


IMG_6675.jpg
成田空港着

ここから第3ターミナルまでは500m。昔1度だけ重い荷物担いで歩いたことがありましたが、あんな無駄な労力は一度経験しとけばもう十分です。早朝から待機している無料連絡バスに乗りこみ、第3ターミナルへ。


IMG_6681.jpg IMG_6686.jpg
早朝の第1便で福岡までひとっ飛び。片道4000円台は安いやね。車だと高速使わなくてもガソリン代だけで越えてしまうわ。

6:00 成田空港発

8:00 福岡空港着
うとうとしている間に到着。対馬へはフェリーで渡るのでとりあえず博多港を目指す。


IMG_6689.jpg IMG_6690.jpg
このへん全く調べてなかったのでなんだかよくわからないが、地下鉄でそこそこ近くまで行くことができそう。「中洲川端」が一番近くっぽかったのでそこまで行って後は歩いて向かおう。(260円


『プロローグ2 朝の福岡市街』へ続く
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: