FC2ブログ

記事一覧

野辺地城 ~野辺地戦争の舞台~

下北半島の付け根に位置する野辺地町。その町役場の西側に公民館・図書館・資料館が集中している一角があり、そこがかつての野辺地城金鶏城野辺地代官所とも)の跡地になります。

築城時期は定かでなく、南北朝時代に七戸南部氏の一族、野辺地氏が移住したとされます。康正三年(1457)の蠣崎蔵人の乱では、蠣崎城を本拠とする蠣崎氏の攻撃をうけて陥落したと伝えられます。慶長三年(1598)には、津軽氏に対する抑えとして石井伊賀が城代として配されました。その後、小軽米氏、日戸氏が相次いで城代となり、享保20年(1735)に盛岡藩内に通制が敷かれた時、代官2名がおかれ野辺地代官所に改められました。

明治元年(1868)戊辰戦争において、津軽藩との野辺地戦争が勃発し、その際の南部藩兵の拠点となったところでもあります。


CIMG1547.jpg
野辺地町立中央公民館

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: