FC2ブログ

記事一覧

高瀬陣屋 ~溝口氏の分地陣屋~

2018年1月 富岡探訪

黒川城の次に訪れたのが高瀬陣屋。場所は上信越道富岡ICそばにある光厳寺のすぐ北側下の平地。

高瀬陣屋は越後国新発田藩主溝口秀勝の次男・溝口伊豆守善勝が慶長14年(1609)幕府より二千石を賜わり、現地支配のために設けた陣屋であるといいます。江戸中期には藩主が陣屋を引き払って江戸に移り、それによって陣屋も廃止されたとのこと。


IMG_4818.jpg
陣屋跡現況

跡地は畑・宅地となっており遺構は残っていません。



所在:群馬県富岡市下高瀬
評価:

遺構・表示物なし。古図に陣屋の主殿があったとされる場所付近には今も古い大きな家屋が建っており、なんとなく雰囲気を感じさせます。陣屋自体は要害性は皆無ですが、すぐ背後にある光厳寺周辺は砦が築かれてもよい地形であり、有事の際は一体的な活用も視野に入れた場所の設定だったのかもしれません。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: