FC2ブログ

記事一覧

原の内出 ~横尾丹波守の墓が残る~

2017年12月 下仁田・富岡探訪

蚊沼の内出の北東約1km、原地区にある八幡宮から原公会堂付近にかけて築かれていたのが原の内出(別名丹波屋敷)。これまでも何度か説明していますが、特に上州長野氏支配地域においては内出という地名は砦を意味しています。

城主は横尾丹波守。天文年間(1532~1555)頃に築かれたとされます。城郭大系によると上田原合戦に敗れた横尾丹波守が当地に逃れ居館を築いたという。


IMG_2586.jpg
横尾丹波守の墓

日没後の最後の残光の中、撮影に成功。
横尾家墓所は砦の東側、原公会堂のすぐ北側にあります。



所在:群馬県富岡市原
評価:

城館表示はありませんが、横尾丹波守の墓を表示物扱いとしてワンランクアップ。内出該当部分は県道から1段高くなっていることがわかる程度で、明確な遺構はありません。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: