FC2ブログ

記事一覧

鷹ノ巣城 ~関東管領家の高級被官~

2017年12月 下仁田・富岡探訪

下仁田町吉崎、鏑川と南牧川が合流する場所にある「青岩公園」のすぐ南の台地上に築かれたのが鷹ノ巣城。『城郭大系』には小幡三河守信尚の城、『上州古城塁記』には、小幡三河守貞政の居城とあります。



IMG_2521.jpg
青岩公園から。正面の山は大崩山。クリッペ(根なし山)と呼ばれる独特の形状をしていますが、詳細は別項にて。あの険しい山の上には鷹ノ巣城の物見(鷹ノ巣詰城)がありましたが、今回はそちらには向かいません。というかあの山は東側から登ろうとすると死ねます。

(青岩公園の散策記や下仁田ジオパークについては後日時間があるときに作成予定)


IMG_2535.jpg

IMG_2537.jpg
鷹ノ巣城の主要部は現在は吉崎公園になっています。青岩公園側から向かうとこの急な石段がお出迎え。



IMG_2538.jpg
石段を登っていくと頂上の一段下にも平場があることが確認できます。



IMG_2541.jpg
主郭・吉崎公園

きれいに開かれた公園。奥には忠霊塔や顕彰碑などが建ち並んでいますが、城の表示物はなし・・・と、この時は思いましたが、改めて写真を確認すると、公園内の桜の看板に城の記述があることを発見!



IMG_2541s.jpg
看板拡大

吉崎公園は戦国時代の鷹ノ巣城跡である。(以下略




IMG_2547.jpg
公園の南側に隣接して建っているのが下仁田保育園の跡。すでに廃園になっています。公園から保育園跡地にかけての一帯が主郭部分と思われますが、そうすると台地上にかなり広い平面を有していたことになります。保育園跡側には車道が繋がっているので、ここまで車でくれば階段を上り下りしなくて済むのでお手軽です。



IMG_2546.jpg
保育園跡付近から東側を見ると吉崎城の築かれた山塊を眺め見ることができます。急峻極まりない。



所在:群馬県甘楽郡下仁田町吉崎
評価:★☆

城のあったことを示す表示が設置されているのは◎。下仁田町発行の資料によると、城主の下仁田小幡氏は貞政の先々代・忠安の代から関東管領山内上杉氏の執事の地位を得ていたようで、貞政も管領家の高級被官として家宰に準じる地位にあったといいます。甘楽郡の小幡氏というと国峰城主小幡氏が有名ですが、両者の関係は明確になっていません。推測では同族であろうとされています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: