FC2ブログ

記事一覧

虚空蔵の砦 ~三点一揃えの防衛線~

2017年5月、碓氷峠に出陣した時の記録

碓氷湖の東、碓氷川北岸の山上に築かれたのが虚空蔵の砦。碓氷川を隔てて対岸にある坂本城の記事を作成した際にこの砦の存在について触れていたことを思い出し、今回立ち寄ってみました。



IMG_2037.jpg
碓氷湖の眺め


IMG_2044.jpg 
IMG_2047.jpg IMG_2056.jpg
砦の南面は絶壁となっていて登るのは不可能ですが、国道沿いの北側からなら進攻可能。明確な登り口が見つからなかったので適当なところから最初の数mを直登したところ、中腹でうっすらと道が出現。この道に沿って登れば安全に山上へ到達できます。



IMG_2086.jpg
鞍部

IMG_2059.jpg
廃墟

道に沿って登ると山上の鞍部に到着。鞍部にはコンクリブロックの建物が建っており、これまでの道はこの建物に至るためのものだったのかもしれません。内部はがらんどうの廃墟になっており用途は不明ですが、砦の名称である虚空蔵菩薩が祀られていたのでしょうか。建物内には「便所」まで備え付けられていましたが、ここで用を足すのは相当勇気がいります。



IMG_2064.jpg
廃墟から東側へ登ると細長い形状の削平地が現れます。見張り台役割の砦としては十分な広さで、ここが主郭と思われます。さらに奥に尾根は続きますが、先端で急速に切れ落ちています。



IMG_2073.jpg
鞍部へ戻り南側へ。尾根筋を登り・・・



IMG_2075.jpg
先端に到着。平場になっていますが広さはなく、物見の郭であったと思われます。中央に木製のプレートが転がっていましたが劣化により文字は判別不能。咲いているお花がきれいなときでした。



IMG_2080.jpg IMG_2083.jpg
こちらもさらに奥に細尾根が続き、最後は岩石が露出した先端に行き当たります。眼前に坂本城、眼下に碓氷湖(当時は碓氷川の渓谷)を見下ろす断崖上。あまり奥までは立ち入らないようにしましょう。



所在:群馬県安中市松井田町坂本
評価:★☆

あくまで狼煙台であるので単純な造りですが、砦として最低限度の普請もなされていると感じます。『松井田町史』では武田信玄指揮下の愛宕山城守備兵の構築が砦の始まりと推測しており、その後大道寺氏が坂本城愛宕山城とともに三点一揃えの防衛線を設定したと考えられています。狼煙台としては碓氷峠見晴台から虚空蔵の砦、さらに龍駒山の砦松井田城崇台山狼煙台と結ぶネットワークが存在し、大きな戦略的価値がありました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: