FC2ブログ

記事一覧

砂田屋敷 ~井野環濠遺構②~

高崎市史No.37-2「井野環濠遺構」

井野環濠遺構の一つで、与五右衛門屋敷の東側に近接してあったのが砂田屋敷。遺構面の資料は残っているものの、沿革等は不明。資料によると規模は東西110m×南北170mほどで、自然流路を堀として利用していたという。


IMG_2200.jpg
本郭中心付近


IMG_2193.jpg
本郭西側堀跡

屋敷跡中心部は新興住宅街と化し、遺構は消滅しています。



所在:群馬県高崎市井野町
評価:

遺構なし、表示物なし。区画に当時の堀のラインの一部が残っている程度。かつてはこの周囲には沼沢地が多くみられ、自然の流れを堀や灌漑などに利用してきたといいます。北側にある井野弁財天の池などは当時の名残を留めているところです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: