FC2ブログ

記事一覧

矢島砦 ~ためしまれなるおぼえの衆~

高崎市史No.24

長町屋敷の南東に近接して築かれていたのが矢島砦。規模は150m×270mほど。この地域に密集している中世城館群の中では珍しく沿革が比較的判明している城砦で、長野氏の重臣・矢島久左衛門定勝(貞勝)の砦とされます。


IMG_1719_20171207210942d15.jpg
砦中枢部付近

はい、現状は圃場整備により消滅してしまっています。砦域は南側にある保育園付近まで広がっていますが、いずれにせよ遺構はありません。ただこの砦については圃場整備前に詳しい発掘調査が行われており、構造面について詳細な記録が残されています。


IMG_0751s.jpg
図は高崎市史より。城郭大系にも同様の図が掲載されています。原図はもちろん現代縄張図界の始祖・山崎先生作。 

方100mの本郭に外郭が加わった複郭の形式で、「折れ」や「角欠き」の構造は浜川砦北新波砦との共通性があります。本郭北のコの字の堀に囲まれた部分は、規模・機能面から防御区画ではなく、氏神などを祀る社があった場所ではないかと考えられています。



所在:群馬県高崎市浜川町
評価:

調査報告書等の資料は豊富ですが、現地に遺構・表示物なしのため遺憾ながらこの評価。城郭大系には見出しのカラーページで発掘調査時の写真が掲載されていたり、特集のコラムページまで設けられています。砦将の矢島久左衛門は箕輪城の攻防では数々の武功を立てたが、箕輪落城後は浪人となります。『甲陽軍鑑』に「ためしまれなるおぼえの衆」と記されている久左衛門は、のちに吾妻郡岩櫃城下に移り「濁酒を造り商売」したといいます(『吾妻伝説』)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: