FC2ブログ

記事一覧

長町屋敷 ~中世城館密集地帯~

高崎市史No.23

行力下屋敷の東、県道を隔ててすぐの場所にあったのが長町屋敷。沿革等詳細は不明ですが、伝承では武田信玄によって焼き払われたといいます。単郭の方形館で規模は120m×130mほどであったといいますが、圃場整備により遺構は完全消滅しています。


IMG_1717.jpg
屋敷跡現況



所在:群馬県高崎市浜川町
評価:

表示物なし、遺構は完全になし。高崎の浜川・行力地区は中世城館の密集地帯で、長町屋敷はそのほぼ中心部に位置しています。すぐ南東に近接する矢島砦との関係は、北新波砦満勝寺砦行力中屋敷行力下屋敷との関係と同種の構成と思われ、長野氏によって工夫された陣地の一特徴を示すものでないか、と山崎先生は『群馬県古城塁址の研究』で指摘されています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: