FC2ブログ

記事一覧

信州高森町 松源寺

直虎紀行part.2については、かなり順不同になりましたがこれまでに全行程のおよそ半分ほどを公開済み。ちなみに1日目から2日目午前中までのおおまかな時系列は「直虎さまに導かれて」記載の通りです。

今回は未公開分のうち、1日目の南信州編の中から大河の紀行にも登場した2つの寺を大河の放送が終了する前に公開することにします。



2017年8月25日 直虎紀行part.2
初日・南信州編

長野県下伊那郡高森町にある松源寺。亀之丞(井伊直親幼名)ゆかりの寺で、大河では第5回の紀行で紹介されています。



IMG_5983s.jpg
「女城主のいいなずけ 亀之丞 ここで育つ」



IMG_5913.jpg IMG_5914.jpg
寺の隣には大型車が何台もとめられるような駐車スペースが整備されています。「御自由にお持ち下さい」と書かれたボックス内に来訪者ノートしかなかったのはショック。駐車場には他にも無人のテントもあり、そちらには町の観光パンフレットなどが置かれていたので助かりました。ちなみにこの日は早朝から活動を開始しており、この場所が既に本日3か所目の探訪地になりますが、まだ朝の早い時間のため周囲に人影はありません。



IMG_5916.jpg

(~前略~)
天文4年(1545)、今川氏に命を狙われた亀之丞(後の井伊直親)は、この法縁により信州市田郷の松源寺に逃れたのです。そして、弘治元年(1555)に、井伊谷へ戻るまでの十年余を、この市田郷で過ごしたのです。
現在の松源寺は、江戸時代(寛文6年(1666)とされる)に、現在地(松岡城西総構跡)に再興されたもので、亀之丞が逃れた当時は、ここから西方2kmほどの地、牛牧の「寺山」地籍にありました。(説明板参照)




IMG_5917.jpg
青葉の笛を吹く亀之丞



IMG_5941.jpg
松源寺山門(高森町有形文化財)


  
IMG_5944.jpg IMG_5921.jpg

IMG_5924.jpg
本堂

きれいな庭が印象的なお寺でした。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: