FC2ブログ

記事一覧

多胡碑記念館

2017年10月 上野三碑めぐり 

おまけで多胡碑記念館にも立ち寄りました。



IMG_8873.jpg
多胡碑記念館

訪問日は「世界の記憶」(世界記憶遺産)登録直前であったため掲げられている看板はまだ国内候補決定を示す段階のもの。入館料は200円。ちなみに「世界の記憶」への登録決定を受け、11月1日から来年3月末まで入館料が無料になったという。ほんのちょっとの差で200円損したと悔しがったことは言うまでもありません。



IMG_8876sa1.jpg
来館記念スタンプ

IMG_8876sb2.jpg
タゴピーかわいいんじゃ


館内は撮影禁止のものと撮影可のもの、そして撮影可か不可か不明な何の表示もないものがあります。一応撮影禁止のもの以外は撮影しちゃいましたけど。これもどうやら11月1日以降は全面撮影可になったようです。入館無料にしてまで広くPRするつもりなら撮影も可にして拡散してもらった方が効果的ですものね。



IMG_8888.jpg
2F 「上野三碑のへや」

それぞれの碑の詳細な説明がついていますがオリジナルのほうを見学済みなので説明は割愛。



IMG_8890.jpg
山上碑(レプリカ)



IMG_8891.jpg
多胡碑(レプリカ)



IMG_8892.jpg
金井沢碑(レプリカ)



IMG_8896.jpg
「古碑のへや」では日本全域の古碑を取り上げます



IMG_8897.jpg
宇治橋断碑(レプリカ)

所在は京都府宇治市の橋寺放生院。日本現存最古の石碑とされる。オリジナルは国重文。



IMG_8898.jpg
仏足石(レプリカ)

奈良薬師寺大講堂内に所在。天平勝宝5年(753年)の作とされる。オリジナルは国宝。



IMG_8899.jpg
仏足跡(石)歌碑(レプリカ)

奈良薬師寺大講堂内に所在する奈良時代の歌碑。オリジナルは国宝。



IMG_8900.jpg
多賀城碑(レプリカ)

762年建立、オリジナルは国重文。日本三古碑。



IMG_8901.jpg
那須国造碑(レプリカ)

700年建立、オリジナルは国宝。日本三古碑。



IMG_8914.jpg
「拓本のへや」


そして再び1Fへ。以下のような展示がある「石のへや」が個人的には一番興味深かったです。


IMG_8927.jpg

IMG_8928.jpg
居庸関壁刻六体文字



IMG_8930.jpg IMG_8931.jpg
シュメール文字(古代メソポタミア文字)   ヒエログリフ(古代エジプト文字)
               

IMG_8932.jpg IMG_8933.jpg
漢字                   ランチャ文字        


IMG_8934.jpg IMG_8935.jpg
チベット文字               パスパ文字


IMG_8936.jpg IMG_8937.jpg
ウイグル文字               西夏文字


やべー興奮するわ。ほかにも「泰山金剛経」とか「文字の体系」のグラフとか見ていて超楽しい。「文字の体系」によると一番古い文字は初期メソポタミア文字なんだね。ここからシュメール文字(楔形)やヒエログリフ、エラム、バビロニア、ヒッタイト、アッシリア・・・別系統のシナイ文字からはフェニキア文字が発生、ここからアラビア文字、アラム文字、ギリシア文字などが派生し、現在のアルファベットの基になっているのは有名。メソポタミアやエジプトと比べると漢字の基となる甲骨文字の発生は意外と後になってからなんだね。それでも十分古いけど。ちなみにそこそこ使用者のいる文字の中でダントツで歴史が浅いのはハングル文字。



IMG_8951.jpg
上野三碑手ぬぐい・・・

kawaii.jpg
かわいいんだってば!



IMG_8952.jpg  
IMG_8953.jpg IMG_8954.jpg
古代群馬探検やっちゃおうかなというところでお開きにします

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: