FC2ブログ

記事一覧

総社秋元公歴史まつり 出陣式

2017年11月12日 快晴

総社秋元公歴史まつりを見に行きました。

だいぶ前に一度見学しに行ったのですが、写真データが消滅したのでいつ行ったのかすら確認するのに手間取る。ブログ内検索でヒットした記事によると、2011年の時に見に行っているようです。このまつりは2年に1度の奇数年が開催年。今年は箕輪城まつりがおしゃかになった分、久々に参加のこちらのまつりを楽しむぞ。

・・・といってもこのまつり、午前10時から開始しているものの箕輪城まつりの攻防戦のような目玉イベントがないため、どのタイミングで見に行くかちょっと迷います。開始時からずっとスタンバって半日潰すのもなんだかなといった感じ。ということで正午から始まる「出陣式」とその後の武者行列に狙いを定めることにしました。



IMG_0791.jpg IMG_0792.jpg
正午前、駐車場となっている総社小学校校庭はすでにほぼ満車。いいポジションにわずかに空きがあって助かりました。ここからイベント広場となっている総社公民館へ。広場に入ると係の人からまつりのチラシを受け取る。秋元家についての紹介やイベントスケジュール、武者行列隊形図などが記され、後になって記憶を確認しやすい大変ありがたい資料。



IMG_0795.jpg
ピッタリ出陣式開会宣言のところから。しかしここから参加地区・団体の紹介みたいなことが始まってすぐには動きがなさそうなので、イベント広場内をうろうろします。 



IMG_0815.jpg IMG_0882.jpg
IMG_0805.jpg IMG_0806.jpg
「あきもと汁」が無料配布されていたので当然いただきます。普通にうましですが、よくあるなじみのある味で、「あきもと汁」特有の何かというものは私にはわかりません。県外の人に聞けばわかるのかな?



IMG_0848.jpg
氷彫刻発見。パンフレットによると「世界チャンピオンの中野徳二氏による実演作品」なんだとか。失礼ながら存じ上げなかったので調べてみると、その道でほんとにすごい人みたい。

ちなみにこの背後の高台状の地形は国指定史跡・蛇穴山古墳。空き時間で石室を見学したりもしましたがそのことは別項で。



IMG_0819s.jpg

IMG_0821.jpg
ステージでは淀君と腰元、子ども武者などが登場し、お偉い方を残してほぼ出そろったようです。ちなみになぜここで淀君が登場するかは「前橋四公祭」の項の最後の方参照。ちゃんと由来があるのです。



IMG_0826.jpg IMG_0827.jpg
いよいよお偉いさん方が登場。年を召した方だらけなので体形がずんぐりむっくりなのは致し方なし。それでも風格を漂わせているのはさすが。んで大トリに貫禄あるおっちゃんが出てきたなと思ってよく見たら前橋市長だった。



IMG_0836.jpg IMG_0838.jpg
大将着座後、援軍として群馬県観光特使・シンガーソングライターのEmiiさんが白馬に跨り登場。「援軍かたじけなし!」みたいな寸劇。



IMG_0843.jpg IMG_0844.jpg
この後お偉いさんの挨拶開始。実行委員長の挨拶、とにかく長し。あれだけの長さの話をカンペなしで延々と続けられるのは純粋にすごいと思いますが、途中から向こうに見える国指定史跡・宝塔山古墳に行ってこようかな~とかそんなことばかり考えていた。

お、長かった話がようやく終わり、前橋市長の挨拶になるようです。



IMG_0845.jpg
秋元長朝である!

パチ・パチパチパチ・・・

中途半端な拍手はやめて差し上げろ(爆)

しかし市長、いや秋元公は意に介さない。



IMG_0846.jpg
「戦乱の世が終わり、用水を開削し・・・」

おお、なんかすごい。先ほどとは打って変わり話に引き込まれました。何より前橋のことを愛しているという気持ちがひしひしと伝わってきました。カッコいいな。

そういえば前橋四公祭の項でも触れましたが、去年あたりから前橋は歴史・文化面にこれまで以上に力を注いでいく方向性になったようです。秋元氏は歴史マニアには知られていても、一般的にはビックネームとは言い難い武将。しかも秋元氏が総社の地を治めたのは江戸時代初期の限られた期間のみ。にも関わらずこれだけ地元からは慕われ、今となっては前橋全市を挙げてPRしているのを見ると羨ましく思います。それに引き換え高崎は、開府の祖・井伊直政の顕彰すらおざなりであるというのに。前橋と高崎を比べると、古代・中世・近世とすべて高崎のほうが歴史的素材では勝っていると客観的に思います。しかし近現代に高崎は実学重視にシフトした感が強く(もちろんそのこと自体は悪いことではなく、高崎は商都として経済的に前橋より発展したが)、文化的なところは前橋に先を越された感があります。っていうか前橋は萩原朔太郎を輩出したという一点のみでもう文化的に軽んじることはできないや。個人的見解。

市長もとい秋元公の演説が終わり、関係者の挨拶が続く。



IMG_0853.jpg
テカテカした派手な服を着たおばちゃん登場。いや失礼、このお方は教育長であらせられます。おもむろにファサァ!と書状らしきものを広げる。あ、上手いですねこれ。書状を読み上げる風で堂々とカンペを読めますね。芝居がかった所作と読み上げ方で結構ノッているみたいです。

その後も挨拶は続々と続くようですが、さすがにセレモニーは飽きたので周辺散策。



IMG_0871.jpg
お馬さんだ!



IMG_0878.jpg
超サラサラポニーテール


この後「秋元氏歴代墓所」「宝塔山古墳」「光巌寺」などを見学。それぞれ別項で掲載。

再び広場に戻ってくるとまだステージにみんないます。写真撮影会が始まったみたいでてんやわんやの大騒ぎ。どさくさに紛れて参加。



IMG_0964.jpg
Emiiさん



IMG_0967.jpg
秋元公接写



IMG_0966.jpg
後ろあたま


ということで武者行列編に続く
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: