FC2ブログ

記事一覧

小串館 ~南北朝期の石仏が鎮座~

高崎市の旧吉井町には資料にあるだけでも40ヶ所近くの城館が確認されており、紛い地を含めるとその数はさらに増えることになろうかと思われます。そのうち当サイトで現時点で公開済みとなっているのは長根城一郷山城奥平城多胡館新堀城馬庭城天久沢陣城神保館吉井陣屋馬場城の10城館(+掲載途中でストップした八束城を加えた11城館)のみ。

ということでしばし旧吉井町の城館の在庫処理を行います。まずは吉井町小串にある小串館から。 



IMG_8730.jpg
地勝寺

入野小学校の北側にある小ざっぱりとしたお寺。慶長年間の開山と伝わり、小串館の跡地に建てられました。館が築かれた年代は定かではありませんが、小串氏の名は鎌倉時代初頭から見られ、観応の擾乱(1351)頃には在地領主として山内上杉氏に属していたと考えられています。背後の墓地には小串氏のものとされる墓もあります。



IMG_8733.jpg
境内にある南北朝期の石仏群

小串氏は永禄6年(1563)の武田氏の上野侵攻により敗退して没落、土着したとされます。小串館もそのころ廃されたものと思われます。



所在:群馬県高崎市吉井町小串
評価:

城館を示す表示物なし。遺構もほぼありませんが、史跡指定されている石仏群が所在していることでワンランクアップ。北側を流れる鏑川の河岸段丘の縁に立地しており、すぐ東側にある三ツ木城からの川沿いの道と、信州方面に抜ける街道(現R254)が合流する交通の要衝を抑えています。とりあえず目的地に寺社などが建っていると到達が容易なので助かります。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: