FC2ブログ

記事一覧

大類屋敷 ~大類主水正の屋敷跡~

2014年2月、白倉館の次に訪れたのが大類屋敷。大類(丹波守)主水正の屋敷跡と伝えられ、小野瀬川(白倉川)と庭谷川の間の幅70m程の畑地にあったと記載されます。ちなみに大類氏の詳細については不明。大類城の大類氏と関連があるのかも不明。



IMG_5537.jpg
屋敷跡の南東隅にある石碑群。右の石祠には招きネコ。この背後の畑地・宅地となっているところが屋敷跡で、遺構らしきものは無し。



IMG_5540.jpg
屋敷跡の西側を流れる庭谷川



IMG_5541.jpg IMG_5542.jpg
西側から南側の河川改修等で地形が変わっていますが、『群馬県古城塁址の研究』の図とおおむね照らし合わせることは可能です。『城郭大系』では遺構不明となっていますが、北側の水路(上記写真)は屋敷北辺の堀跡の名残と思われます。



所在:群馬県甘楽郡甘楽町白倉
評価:

という感じで記事を作成しましたが、当初この写真を見た時に「どこの城館の写真か、さっぱりわからない」というところから始まりました。「白倉館の近くで川沿いにある城館」というヒントからようやく正解にたどり着いた所存です。データ消滅事件以来登城データをエクセル管理しなくなったため、表示物なしの城館の場合こういったことは今後も多発しそうです。思い出してみれば確かに水路の写真とか当時は意識して撮影していたんですけれどね・・・
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: