FC2ブログ

記事一覧

白倉館 ~麻場城主の居館~

2014年2月、庭谷陣屋の次に訪れたのが白倉館麻場城主白倉氏(児玉党の一派・上州八家)の居館跡であるといいます。2009年冬に麻場城を探訪した際、当時参照していたHPにこの居館についての情報が記されていたため存在は知っていましたが、探訪するのがずっと後回しになっていたところです。



IMG_5527.jpg
麻場城の西麓、白倉川の手前から。正面の台地上に麻場城が築かれています。この橋を渡った先の角に下の表示が掲げられています。



IMG_5530.jpg
麻場城主居館跡

で、実際この矢印の方向に向かうと個人宅に突き当たってしまいますが、その個人宅の敷地周辺が館跡になります。情報では敷地内に立派な居館跡の石碑があるということで、実際ネットで検索すればその石碑を公開しているサイトもあります。近くに家の人が畑仕事でもしていたら声をかけられたのですが誰とも行き会えず、ピンポンしてまで写真を撮りたいわけでもないので手前で断念。



所在:群馬県甘楽郡甘楽町白倉
評価:

一応表示物ありの評価。遺構としてはそれらしい竹林もありますが何とも言えません。白倉氏は関東管領山内上杉氏の家老として大きな力を持っていたようですが、後に武田・滝川・北条と主を変え、北条氏の滅亡とともに所領を失い没落したといいます。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: