FC2ブログ

記事一覧

禹王の碑

2015年冬
古仲城の近くにて気になる表示を見かける。



P3180087.jpg P3180088.jpg
なんだろ?

というとあの方ですか、夏の創始者の。高校の世界史の授業では中国史のまず初めに三皇五帝とその後の夏王朝あたりまでは伝説的な事項としてひとまとめに流され、このへんはセンター試験にもまず出ないのでほとんどの生徒は覚えず、歴史マニアのみが趣味で記憶するという部分に属するあのお方。最近ではにわかに夏王朝の実在性が真実味を帯びて来たようで、中学校の歴史の授業で覚える「殷・周・秦・漢・・・」という語呂の初めが「夏」からになる日が将来やってくる・・かどうかは不明。



P3180091.jpg
大禹皇帝碑 禹王の碑

片品川の川べりのちょっとした公園内に設置されている碑。周囲を円形に列石に囲まれておりストーンサークルみたい。刻まれている碑文は全く解読できず。



P3180092.jpg
説明板

以下「禹王の碑」で検索をかけるとトップに表示されるページの内容を転載。

古仲橋の東側、片品川に臨んで自然石の巨大な碑が建っている。碑文は篆書で磨かれた面一杯に書かれている。この地の人星野誉一郎という人が村の人々と語らい片品川の治水を願って建立したといわれている。禹王は中国古伝説に伝えられる聖王の一人で、父鯀は堯王に仕え、治水にあたったが、その努力にもかかわらず失敗、その責任をとって死罪となる。禹は父のあとをつぎ、修めた学問と工夫による技術で遂に治水に成功した。堯王の子舜王はその功を賞し、治水で生まれた国をさずけ、後に帝位を禹に譲ったという。このことから禹王は治水の神とされるようになったと伝えられる。


禹王は暴れ川を治める治水の神として信仰されていたのですね。
このことについてまとめられたページがあったのでリンクしておきます。

日本で忘れられた「謎の皇帝」 暴れ川の神「中国の禹王」の正体は?

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: