FC2ブログ

記事一覧

寄居山城 ~鎌田宿を掌握する拠点~

2015年冬。
北毛地区の城館の取りこぼし回収のため、まだ完成して間もない椎坂トンネルを越え片品村へ。



P3180069.jpg
片品村役場の南、片品川の湾曲部に突出する丘陵(寄居山)上に築かれたのが寄居山城。現在は寄居山公園として整備されています。すぐ隣には「ほっこりの湯」という温泉センターがあるのでそこを目標にしても到達できます。



P3180070.jpg P3180072.jpg
P3180074.jpg P3180075.jpg
現況は大きく2段構造となっており、駐車場から登るとまず下段の平場、もう一段上がると上段の平場に出ます。遺構らしきものはありませんがそれぞれ地形的には二郭・主郭のように感じます。しかし『群馬県古城塁址の研究』によるとこの城は腰郭を有する単郭構造であったようなので、公園化の際の改変が大きいと思われます(腰郭部分を拡張して下段の平場にしたのかも)。主郭部には立派な忠魂碑が建っていますが、城のことを示す表示物の類は一切ありません。



P3180078.jpg P3180081.jpg
主郭の背後3方は断崖に面しており、その周りを片品川が取り巻いています。駐車場側から見ると公園部分は小丘陵にすぎませんが、全体でとらえるとかなりの要害地形です。



所在:群馬県利根郡片品村鎌田
評価:

なかなかの要害性ですが現地に城の表示物がないのでこの評価。かつては主郭周りの一部に土塁があったといいますが、現在は失われています。沿革等は不詳で、「寄居」の名が残ることから日光・会津と沼田とを結ぶ街道沿いの鎌田宿を抑える場所であったように感じられます。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: