FC2ブログ

記事一覧

大河ドラマ館(直虎様の日)

『なおとらSummer Day』の真っ最中ですが、合間を見計らってこちらにも寄ってみました。



IMG_7026.jpg
大河ドラマ館

前回訪問時はすでに閉館時間後だったために入れなかったんですよね。その時に周りを歩いていたのでチケット売り場が外にあるのは知ってましたが、一応念のために建物内にも売り場はないか、近くにいるスタッフさんに聞いてみたんですよ。建物内で買えるのならそのほうが近いし。そうしたらこのスタッフさん(炎天下で汗だくになっていた帽子をかぶった40代くらいの男性)、チケットは外の駐車場の場所でしか売られていないことをものすごい申し訳なさそうに伝えてくれるんですよ。あ、いや、すみません。わかってはいたのですが一応確認しただけですので。こちらもなんか恐縮しちゃいました。



IMG_6953s.jpg IMG_7027.jpg
んで前回も写真を撮ったなじみのチケット売り場。ドラマ館入場料大人600円。私に再訪させてまでお金を払わせるなんで大したものですよ。まあそれだけの価値を見出したということです。こういったドラマ館のいいところは期間限定のところですかね。旬な話題を提供し、期間が過ぎればすっぱりと畳む、その潔さが好き。一応これで大河ドラマ館訪問は3期連続になりますか。さらにこの日は「直虎様の日」特別イベントで入場券の半券で抽選会に参加できると。ラッキー。

チケットを購入して再びドラマ館前に進むとさっきの帽子をかぶった男性が「すみませんでしたね~」と一言。いやですからあなたは何も悪くないんですってば。こっちこそすみませんです。この日は朝一の秋葉神社上社で浜松が嫌いになるほどの理不尽な仕打ちを受けずっとモヤモヤを引きずっていましたが、ここにきてすっかり悪い印象はなくなりました。あれはあの神社のじいさん個人がちょっとアレな人物なだけであったと。

ドラマ館に入るとまず記念品のタオルをもらえました。本日の日付入りの1日限りの特製品。これはほんとにお得な日に来たものです。ドラマ館内は特定の場所以外は写真撮影禁止。いろいろと見学しながら撮影スポットの井伊谷井戸端セットの部屋へ。



IMG_7031.jpg
次郎


IMG_7033.jpg
直親


IMG_7035.jpg
政次


IMG_7036.jpg
直虎


IMG_7032.jpg IMG_7034.jpg
井戸とにゃんけい

井戸を覗くと子供時代の幼馴染3人が映ったりします。ちなみに井戸を撮影する際にも、その3人が映った場面は撮影してはいけないんだとか。ひたすら厳しいですな。井戸脇にはちゃっかりにゃんけいもいてメインキャラと同格扱い。この日は第33回の放送が終わった次の土曜日であったためか、やはり政次が人気があったような感じです。

このほか衣装や小道具が展示されている部屋ではあの「死の帳面」(第28回)も展示されていました。「直虎シアター」ではロケのメイキング動画などを上映。面白し。「美術の世界」の部屋では政次特集の映像展示もあったりして、その場所でちょっとした渋滞も発生していましたね。囲碁の小道具や出演者の色紙、さらにVR体験も楽しむことができます。大盛況でしたが特に印象的だったのはかなり若い人が多かったこと。イベントがあった影響もあるかもしれませんが、平均年齢は40を切ってたかもしれません。これが真田丸の時は平均年齢が余裕で65オーバーでしたからね。若い人が多いのは非常にうれしい現象でした。



IMG_7046.jpg
退出した場所の撮影スペースには龍雲丸が。比較的最近追加展示されたものみたいです。

で、この場所に見かけぬキャラクターが・・・



IMG_7043.jpg
今川さん??


IMG_7047.jpg
今川さん、泣いているの?

参考:「今川さん」オフィシャルサイト



IMG_7057s.jpg
入場チケット半券でイベント会場の抽選所へ。狙うは直虎ちゃんのぬいぐるみ・・・しかし超絶くじ運の悪い私はどうせはずれの残念賞でシールもらうくらいだろうと思いながらガラガラをまわすと・・・

ベルがカランカラン、小当たりが出た!


IMG_7133s.jpg
小当たりのサイダー。なんか飲むのがもったいないので冷蔵庫に保管中w


このほかゆかりの各地からの出展ブースで大量にパンフを入手(渡された)。


IMG_7509s.jpg
その一部。ほんとにどれも出来がいいことで。こういったパンフ一つ作るのにどれだけの金と労力がかかっているのかを私は知っているので、無料で入手して最大限に利用させてもらっています。出版業界にとっては都合が悪い真実を言わせてもらいますが、金を払って本を買うなんてことは、まず無料の資料を十分活用できるレベルになってからやることですね。そのレベルにない人間は本を買ってもろくに活用はおろか読み切ることすらできないことでしょう。読まなくともただ見栄で買っておきたいというのなら止めはしませんが。山川出版社の日本史・世界史の教科書のほうがよっぽど面白いですよ。



IMG_7511s.jpg
この日の限定記念品、「井伊直虎と竜宮小僧」

重要資料保存庫に保管決定。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: