FC2ブログ

記事一覧

鳥羽山城 ~陣城から迎賓機能を持つ居館へ~

二俣城の南方の丘陵上、現在鳥羽山公園となっている場所に築かれたのが鳥羽山城です。丘陵の上まで車で登ることができます。



IMG_6878s.jpg

鳥羽山城は、東西500m以上におよぶ標高108mの独立丘陵を巧みに加工して築城されています。本丸をめぐる土塁や石垣が良好な状態で残され、本丸の内部では、発掘調査によって礎石建物や庭園が確認されています。また、本丸に至る大手道は石垣で荘厳化されており、幅6mを越える破格の規模を誇ります。こうした特徴から、鳥羽山城は迎賓機能を備えた領主の居館だったと推定出来ます。一方、隣接する二俣城では、天守が築かれ、瓦葺の門が建てられるなど、軍事的な機能に優れた本格的な城郭が整備されます。このように、鳥羽山城二俣城はその性格が対照的であり、「別郭一城」とよばれる一連の城であることが、二つの城の特徴から読み取ることが出来ます。
 
鳥羽山城二俣城は、永禄3年(1560)の桶狭間の戦いを契機に今川氏によって築かれたと考えられます。永禄11年(1568)今川氏の滅亡により、両城は徳川家康が領有することになりますが、三方ヶ原の戦いがあった元亀3年(1572)には武田信玄によって攻略されました。長篠の戦いがあった天正3年(1575)まで徳川方と武田方によって両城をめぐる激しい攻防戦が展開され、武田方の二俣城を攻める際には鳥羽山城に徳川方の本陣が置かれました。
その後、天正18年(1590)まで鳥羽山城二俣城は徳川方が領有しましたが、家康の関東移封に伴い豊臣系の大名である掘尾氏が遠江に入ると、浜松城主掘尾吉晴の弟宗光が二俣城主となります。この頃に鳥羽山二俣両城は石垣が築かれるなど現在見られる姿に整備され、鳥羽山城は迎賓機能を備えた領主の生活の場となったと見られます。
こうして整備が進められた鳥羽山城二俣城でしたが、関ケ原の戦いがあった慶長5年(1600)以降は、戦略拠点としての重要性は薄れ、廃城となりました。(説明板参照)




IMG_6879s.jpg
鳥羽山城

説明板によると当時は二俣城鳥羽山城の間を二俣川が流れていたとのこと。現在の地図を見ると二俣城の立地に若干違和感を感じていたのですが、なるほど、二俣川がそういう流れであったのなら納得です。史料には天正3年6月に築城したという記録しか残っておらず、二俣城攻略のための陣城として築かれたとされていました。しかし発掘調査の結果、それ以前から城が築かれていたことが判明しました。



IMG_6883.jpg IMG_6885.jpg
大手道

単なる陣城には不釣り合いの石畳の登城路。両手に部分的に石積みが残されている郭跡を通過し本丸前へ。



IMG_6888s.jpg
大手門跡

本丸への正門で、外枡形の構造。周囲の石垣は他の場所よりも大きめの石が用いられています。左手石垣基部には暗渠も見られます。



IMG_6892.jpg
本丸

周囲を土塁で取り囲まれています。結構広いです。そしてとてつもなく暑いです。



IMG_6894.jpg IMG_6896.jpg
IMG_6897.jpg IMG_6898.jpg
IMG_6899.jpg IMG_6901.jpg
あまりに暑いので本丸内南側にある物見台風展望所に即避難。この建物脇に「新・浜松の自然100選」の碑が建っており、この鳥羽山公園からの眺望と桜がそれに選ばれているようです。桜は季節でないとわかりませんが、眺望は確かにGOOD。約半年前に三岳城から眺めることができた浜松アクトタワーをまた見つけました。前回よりデジカメの性能が向上しているためズームでよく見えます。



IMG_6902.jpg
枯山水庭園跡

昭和の発掘調査で発見された庭園遺構。山城の本丸に庭園を設けた例は少なく、鳥羽山城が迎賓機能を備えた居館であったことを示すものとして注目されています。庭園のすぐ北側には建物跡があり、現地説明板の復元イメージ図にも庭園の隣に建物の姿が描かれています。

ここから西側の土塁上へ。目の前には木々の間から天竜川の流れが望めます。これは見事な要害地形。そのまま土塁上を北側に進むと・・・



IMG_6908.jpg
WAO!ローラー滑り台の登場!

この手の遊具、公園化された山城でたま~に見かけますよね。普通の滑り台と異なる点は、どこもかなりの長尺であるということ。直近で見かけたのはどこだったかなあ。多分伊予の龍王城かな。たいていの場合これを滑ってしまうと駐車場から離れたところに降りてしまうのでなかなか滑る機会に恵まれません。今回も保留かな。



IMG_6911.jpg IMG_6913.jpg
搦手門跡                 東門跡

本丸内の残った場所をぐるりと見学。東門には見ての通り橋がかけられており、土塁上を一周するときに通ることができます。

・・・さて、ここで改めて位置関係を考えてみると、先ほどの滑り台から降りると確かに大手とは反対方向に降りてしまうものの、周りを探索しながら帰還するにはむしろそのほうが都合がよさそう。久々に滑り降りてみることにしますか。わくわく。



IMG_6909.jpg
久々なので注意書きをよく読みます。このダメな例、なかなかアグレッシブな滑り方をしていますね。



IMG_6914.jpg IMG_6916.jpg
IMG_6917.jpg
んではレッツら。最初よくないとは知りつつ足裏付けてのしゃがみ滑りしたんですよ。そしたらバランス維持するのが難しいし足の裏が痛いしですぐ断念。大人にマナーどうこう言われてもそんなんうるせーで終了ですが、子どもに示しがつかないのはよろしくありませんな。反省して先ほどの看板に描かれた正しいフォームで滑り直し。いて、いててて!!これはあかん。体重が軽い子どもならなんてことなくとも、大人が滑ったら衝撃波5倍増だわこれ。そういえば自身昔より体重増加しまくってるしな。さっき厚い靴底越しですら足の裏がしびれたくらいだし。



IMG_6919.jpg
ふう、見かけによらない危険遊具であった。ケツがちぎれるかと思ったぞ。

降りて来た場所は本丸西側下の腰曲輪。



IMG_6920.jpg
本丸西側斜面には鉢巻石垣、腰巻石垣が残ります。写真はわかりにくいですが腰巻石垣が見られる部分。

この後西側から駐車場に帰還。自動的にほぼ1周することができました。尻をさすりながら車に乗りこみ、とにかく暑いので即クーラーを稼働させます。この時はひたすら暑い暑いと思ってましたが、それもそのはず。この日の夕方、ラジオから流れてきた「北陸東海地方の今日の天気」のコーナーで、「富山31℃、名古屋31℃、静岡38℃」とか言ってたくらいだし。ここは浜松だからもう少しは気温低かっただろうけど、なんで静岡だけと思ったよね。

<参考:2017年8月27日中日新聞記事>
 
駿河区38度、暑さ日本一 
県内8地点で猛暑日 静岡県内は二十六日も猛烈な暑さに見舞われ、静岡市駿河区で三八・〇度と、この日の全国最高気温を記録。稲取(東伊豆町)も三六・四度で観測史上最高となるなど、県内十八の観測点のうち八地点で三五度以上の猛暑日となった。





所在:静岡県浜松市天竜区二俣町二俣
評価:★★☆

プラスαのエピソードがあるとより印象強くなるいい例。ちなみに車の中で涼みながらダメージの回復に努めていたのがこの記事の冒頭の場面となります。この後当初の予定の大平城を飛ばし、刑部城に立ち寄ってからイベント会場へ向かうことになります。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: