FC2ブログ

記事一覧

高根城② ~戦国の美しき「境目の城」~

IMG_6500.jpg IMG_6501.jpg
本郭を降り二郭側へ。門や柵列が復元されており中世山城の雰囲気をより感じることができます。



IMG_6502.jpg
門の場所から見上げた本郭。二郭との間の堀切は深さも幅も十分。ここは大河ドラマのロケ地にもなったところで、ここからの眺望は(人家等を消した状態で)何度も登場しています。



IMG_6504.jpg
右手上の二郭に上るには・・・
  
IMG_6506.jpg IMG_6507.jpg  
ハシゴ!                「中井の樹」

IMG_6510.jpg IMG_6512.jpg
二郭                   三郭方向      

IMG_6514.jpg IMG_6515.jpg
主郭側                  ハシゴ直下

続いて二郭ゾーン。二郭への出入りは梯子を用います。梯子を上ってすぐ目の前には楢の木が立っていますが、この木は高根城発掘調査の際に中井均先生がこよなく愛し、城の復元後もなぜか木は残ったため「中井の樹」といわれるようになったのだとか。二郭内からは三郭側を後方から援護することが可能。また主郭に向かう登城路も弓や石で攻撃し放題で、直下には小枡形のような空間もありここでさらに攻城兵を攻撃することもできます。梯子を取り外せばよじ登ることすら困難で、さりとて二郭を落とさずに先へ進もうとすると今度は本郭と二郭の両方から攻撃を受けることになるという、よく考えられた構造となっています。鉄砲が主力になるまではこういった山城の防御は極めて有効でした。



IMG_6522.jpg IMG_6527.jpg
堀切                   三郭内

二郭と三郭の間にはこれぞ堀切と言わんばかりのわかりやすい形状の堀切。脇に残された土橋が現在の遊歩道となっています。そして三郭から柵越しに南側下を見ると・・・



IMG_6526.jpg
二重堀切!

城の一番外側に位置する防御ライン。幅約29m、中央に高さ4mの土塁が設けられ防備を強固にしています。内側の堀は最深部で8mの深さ、外側の堀は最深部で9mの深さとなります。山城でこの規模の堀などはそうそう見かけないですよ。



IMG_6528.jpg IMG_6531.jpg
IMG_6532.jpg IMG_6533.jpg
IMG_6536.jpg IMG_6538.jpg
もうこの辺りは言葉にならないほど素晴らしいですね。美しいです。芸術です。



IMG_6542.jpg
二重堀切の外側から。狭義の高根城の城域はここまで。いかにも「戦国の城」といった様相です。ちなみに「戦国時代」という区分の始期と終期は人によってとらえ方がまちまちで、さらに地域によっても異なるので一律に定めることは難しいですが、自分の中での戦国のメインはだいたい元亀年間の終わりかせいぜい天正初頭あたりまでで、それ以降はもうおまけとみなしています。初心者向けのゲームやらイベントやらで安土桃山時代(織豊期)や江戸初期の武将や戦いばかりを「戦国」として取り上げているのは強烈な違和感があります。



IMG_6530.jpg
最後に本郭方面が見える位置まで戻って遠景をパチリ。建物がある戦国の城は絵になるなあ。



IMG_6553.jpg IMG_6551.jpg  
城外部分からは帰路となりますが、同じ道を戻るのもつまらないのでそのまま奥へ進んでみることにします。登城時に見かけた分岐の表示から判断するに、一周して戻ってこられるルートがあるのはほぼ確実。問題はどの程度かかるかというところだったが・・・奥へ進むと道は徐々に登り勾配に変わり、ほどなくして分岐点が現れる。もちろん行きで目にした分岐点ではなく、ここで間違えて「駐車場」方向へ向かうと山の反対側へ降りてしまいます。あ、この駐車場ってのが下で見かけた「楽に行けるルート」の駐車場のことか。ここには案内図もあり、ちゃんと周回できるようになっていることを確認。ただ結構距離があるような・・・



IMG_6561.jpg IMG_6559.jpg
分岐で「南の城広場」方向に進むと、山道はどんどんと登りに。これは失敗したかなーと思ったあたりでようやく広場に到着。ここももしかしたら城の出丸的な役割を持っていたところかもしれません。ちなみに設置されている遊具は使用禁止となっています。上から覗こうとするも、結構デンジャラスだったので自重。



IMG_6563.jpg IMG_6567.jpg
IMG_6568.jpg IMG_6570.jpg
余分に登った分、行きよりも長い下り道を一気に駆け下り、最初の分岐点まで戻ってきました。この区間は特に見るものもないただの階段道で、周回ルートよりも同じ道の往復ルートのほうがだいぶ楽だと思います。分岐点に合流以降は同じ道を下り、駐車場に帰還。駐車場で咲いていたのはテッポウユリかな。




所在:静岡県浜松市天竜区水窪町地頭方
評価:★★★★

信遠国境、さらには三河も近い「美しき境目の城」。登城には相応の労力が必要ですが、整備状況は山城としては最良の部類に属します。中世の城の構築物が復元された全国でも数少ない場所でもあります。個人的には静岡では興国寺城よりもこの城のほうが続100名城にふさわしい気がします。いずれにせよ大河で話題となっている今が見時です。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: