FC2ブログ

記事一覧

五戸館 ~対津軽前進基地~

五戸古舘から五戸館へ。該当地は現在五戸町図書館が建っている一帯。



五戸館
地形図。古舘と似たような要害の地に築かれています。

五戸館は対津軽の防備を考え三戸城の前進基地として木村秀勝によって築かれたとされ、これによりそれまで五戸古舘にいた木村氏は五戸館に移ったと考えられます。築城は南部26代信直の命令というので天正末期から慶長年間にかけてと思われます。



CIMG1240.jpg
五戸館の中枢に鎮座する稲荷神社。「館稲荷」の額があります。



CIMG1239.jpg CIMG1246.jpg
五戸館の城主木村氏は近世に入っても代々代官を務め、近世初期は木村館とも呼ばれました。寛永年間には同じ場所に五戸代官所が設置され、明治2年まで代官所として機能することとなります。

館岡の木立のおくに町古りて踊をてらす初秋の月 鉄幹
南部郷五戸の舘の丘に立つ十和田の方に日の落つるとて 晶子





所在:青森県三戸郡五戸町舘
評価:

要害地形を肌で感じるのみ。西側に堀跡らしきがありますが、五戸館のものか、代官所時代のものか、その後の整備によるものかは不明。表示物がないのでこの評価ですが、ネットで調べると五戸館の説明板を掲載しているサイトを見かけました。見逃したとすれば悔しいなあ。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: