FC2ブログ

記事一覧

第2次北東北遠征編 序章

次の本伝→2016.10 名古屋・大阪
前の本伝→2016.5 第2次四国遠征


第2次四国遠征が終わってから3ヶ月弱経過した2016年夏。
この間仕事でなかなか忙しい期間を乗り切り、夏休みを取得できる時期となりました。

今年の夏の遠征は岩手・青森・秋田の北東北三県へ向かおうと以前から決めていました。
城館探訪以外に掲げたテーマについては出発前の記事で述べているのでそちらを参照してもらえればと思いますが、「突端制覇ミッション」が今回の大きな目玉企画となっています。

2016年に入ってからの探訪記「本伝」は沖縄編・第2次四国編と2回連続で飛行機を利用しており、自家用車利用の旅の比率がこれまでの99.9%から98.5%くらいにまで変動しましたが、今回は本来の姿である全編プリウス号での旅になります。

なお今回の遠征は探訪記本伝の中でも「大遠征」に分類され、完結までかなりの時間がかかるものと思われます。なんとか半年以内での完結を目指しますが、いかんせん量が多すぎるので、場合によっては途中中休みで別の探訪記を差し込むこともあるかもしれません。

それではさっそく1日目、岩手へ向かう場面から探訪記を開始します↓↓↓


7月31日 遠征初日

AM2:35出発

早朝どころか深夜の出発。本当は前日夜に出発予定でしたが、なんだかんだで時間が押してしまいました。あれですね、「風呂に入ってさっぱりしてから出発」みたいなことをすると出発が遅れる傾向がありますね。

ちなみに時系列は前後しますが、先行して本編公開している直虎紀行part.1のプロローグで記載してあるように、今回の遠征のためにサブの安いデジカメを購入しています。ただ車内電源はまだなく、充電に関しては常に悩みの種でありました。

閑話休題。深夜なので一般道でもスイスイ進みます。この調子でできるだけ一般道区間を引っ張り、頃合いを見て高速へ。多少の料金削減効果あり。


<栃木県入り>
CIMG0001.jpg CIMG0002.jpg
5:00 那須高原SA             乃木坂46

那須高原SAで小休止。いつものごとく無料のお茶を飲み、無料の高速地図とハイウェイウォーカーを入手。これらはSAに立ち寄るたびに行う恒例行事です(同じ地図は一つ入手すればあとは省略)。今回の表紙は乃木坂だ。かわいいね。


<福島県入り>
CIMG0004.jpg
6:00 安達太良SA

日がのぼり青空が広がります。いい天気。しかしこれは暑くなるな・・・

例によってお茶を飲みつつ施設内をうろうろ。小腹がすいたので食事にしようかと思ったが、フードコートに惹かれるようなものがなく、2階の食事処も営業時間前だったので食事は次のSAですることにします。その前にチョイ眠いので少しだけ車の中で休憩。寝ようと思えば寝れそうな感じだったが、そうすると本格的に数時間寝てしまいかねないので、10分くらい微睡んだのちお茶を飲んで出発。ちなみに次のSAである国見SAをスルーしてしまったため、その次のSAまでかなり距離が開いてしまう。


<宮城県入り>
CIMG0007.jpg
7:50 長者原SAにて朝食

唐揚げ定食ご飯大盛りサービスで700円

長者原SAの次の出口が築舘IC。約4年前の第一次遠征ではこのインターで降り、沢辺館から探訪を開始したのでした。今回はもっと先までワープします。


<岩手県入り>
CIMG0009.jpg
9:10 水沢IC(ETC割引6,120円

前回時間をかけて探索した平泉地区を飛ばして水沢ICで下道へ。ここから今回の遠征の探訪が始まります。ちなみに外は暑いので日の出のころから窓を閉め切り冷房稼働中。車の中は快適ですが、外はしんどそうだなあ。かなり北まで来たのに全然暑さが和らいでいないとは。今回の遠征ではこの暑さも気がかりなところですが、いったいどうなりますことやら。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: