FC2ブログ

記事一覧

由佐城 ~長宗我部軍も攻めあぐねた要塞~

冠纓神社を後にしてr13を東に進むと、すぐに香南歴史民俗郷土館に到着します。この場所が由佐城の跡地になります。



P5091114.jpg
模擬天守(歴史民俗郷土館)

ちなみにこちら、外観は丸岡城をモデルにしているという。あーなるほど。似てるっちゃあ似てますね。



P5091116.jpg
説明板&城址碑

由佐城

建武3年(1336年)足利尊氏に従って京都東寺で戦死した益子下野守顕助の子弥次郎秀助が阿波屋形細川頼春に従って四国に渡り、父の功績により讃岐国香川郡井原荘を賜り、姓は由佐と改め、由佐に屋敷を構えたのが由佐城の始まりです。
城は、東は香東川、南に沼地の多い自然を巧みに利用した要塞で、天正11年(1583年)長宗我部元親軍が攻め入ったが容易に落城せず、和議を申し出たほどでした。
その後、由佐家の居宅とした屋敷内には、内堀、土塁跡を見ることができました。
香南町歴史民俗郷土館は、その由佐城跡に建築されたものであり、庭園内には、土塁跡が現在も残されています。(説明板参照)




P5091117.jpg  
P5091115.jpg P5091119.jpg
この郷土館はもともと入場無料のようですが、さらに「本日開館記念日につき天守閣開放」の表示もあり、これはラッキーと入場しようとしたら門は締め切られています。よく見たら手前に「本日休館日」のプレートが出されていました。紛らわしいわ。



所在:香川県高松市香南町由佐
評価:★★

平地城館ではありますが往時は川や沼・堀によって巧みに守られた攻めにくい城であったようです。模擬天守好きな私としては内部に入れなかったことが少々心残り。館内中庭には土塁跡が残るようですが、入れなかったのでこちらも見れず。再訪時に追記することにしましょう。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: