FC2ブログ

記事一覧

第1話 「果てしない尾根直登」

攻略目標:信州遠見番所

~~~~~~~


blog_import_4ee9e014dfee6.jpg
2008年11月 真田本城からの光景


当時の私は若さ溢れる無双状態だった。朝から1日で山城10城を攻略した後、日没も近づいている中、さらに別の山の斜面に飛び込んだりしていた。ペラペラな靴で地図も飲み物も持たず、デジカメ一つだけを手にして。

その当時の私が、早く行こう、次に行こう、と思いつつ、ずるずると先延ばしにしてきたのが写真の松尾古城と、そのはるか上に聳える遠見番所であった。先延ばしとなった理由は、ちょうどこのあと1,000円高速が始まり、関東甲信地域から全国に探訪範囲を広げた時期と重なったことが大きい。近場の城はいつでも行けるから、という理由でどうしても遠方の城館探訪を優先させてしまっていた。

1,000円高速終了後、私自身の城の見方が遺構面よりもストーリー性をやや重視するようにシフトしていったことも影響しているかもしれない。この変化により遺構の残っていない城館でも想像力を発揮して大いに楽しめるようになった半面、急峻な山城の探訪機会は確実に減少していった。

~~~~~~~

・・・そんなわけで、今に至るまで未訪のまま残っていた遠見番所。今回ダイエット企画を立ち上げた際、探訪先として真っ先に頭に浮かんだのがここであるというのもある意味必然といえるかもしれません。


4月30日 

朝から何も食べずに自宅を出発。途中箱島湧水に立ち寄り水を汲む。ここで入手した水2リットルだけをナップサックに入れてアタック開始。いつもならエネルギー補給のチョコレートや菓子パンなどを携帯しているが、今回はダイエット目的があるので食料はなし。このことがこの先大きく影響してくるのだが・・・



IMG_0608.jpg
一つの目標地点である鉄塔から

ここまでくれば遠見番所まであと一歩でもあるし、ここからが本番ともいえる。そのどちらも正しい。
増尾山の1440mピークまでは距離的にはここでほぼ半分。



IMG_0661.jpg
麓の日向畑遺跡では桜が満開だった


第2次四国編終了後本編公開予定
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: