fc2ブログ

記事一覧

第14回 徳政令の行方

直虎(柴咲コウ)が徳政令の約束を破ったことに腹を立てた甚兵衛(山本學)ら百姓たちは、蜂前神社の禰宜(ダンカン)を通して、今川に徳政令の発布を直訴する。直虎の政策に家臣たちが異を唱える中、政次(高橋一生)は徳政令の発布を命じる今川の書状を読み上げるが、直虎は「甚兵衛たちの土地はすでに龍潭寺に寄進してしまった」とはねのける。徳政令を無効にされた甚兵衛たちは、禰宜の指示のもと銭主・方久(ムロツヨシ)を連れ去り、今川の徳政令を受け入れるよう要求。「百姓たちの不満を収める」という政次に対し、直虎は井伊谷の民たちが潤うことを提案する。これにより直虎は甚兵衛や村人たちの心を捕え、方久の命も救う。


前回は財政、金融という切り口から領国経営に光を当てた大河としては非常に意欲的な構成でしたが、今回はそれに加え法律面、さらには農政面にまで言及した、前回にもまして実学的な内容になっています。逃散というキーワードで当時の農村の状況にまで踏み込んでいるし、これは相当異色な社会派大河です。いや、別に皮肉で言ってるんじゃなく、本当に面白い内容だと思いますよ。これたぶん歴史に興味のある人ほど刺さる内容だと思いますね。むしろこういった実務に全く触れずにただ戦ったり寝返る寝返らないだのばっかりの戦国大河のほうがよっぽどファンタジーですよ。

前回の話では城主スキルが0からのスタートだったため、判断がその場の雰囲気や感情に流されがちに見えた直虎ですが、実際のところしがらみにとらわれず才覚のあるものを家臣の列に加えたり、仮名目録を精読して法令の抜け穴を見つけたり(寄進による守護不入権)、化粧領の調整を行ったりと、これ相当賢く、かつ柔軟な思考ができる人物ですね。さすがに幼少時から寺暮らしをしていただけのことはあります(当時の寺は現在でいうところの高等教育機関に相当するところもあり)。仏教用語や格言も度々諳んじているし、何気に教養も豊かです。でもなぜかあまりそのように見えないのは、ところどころで挟んでいる柴咲コウさんの顔芸のためですかね(笑)

先週の放送を見ると借金の証文のところに「信濃守」や「肥後守直親」の名前があり、先代の男たちがこしらえた借金のために必要以上の苦労をしているんですよね直虎は。今回ちょっといい感じの回想シーンで登場した直親さんでしたが、そういったところを追及されないのは彼の人徳のなせる業です(笑)

それにしても政次と方久、完全に正反対のタイプですが、どことなく似通ったところがあります。いや、変な表現ですが正反対のところが似ているというか。言うなれば政次は内に秘めた光を闇で覆っているのに対し、方久は内の深い闇を光で隠しているといった感じでしょうか。こういう反面性を持つ人物には惹かれますね。

今回私が一番印象深かったのは、直虎の「どちらを信じるのだ」の場面ですね。いいシーンでした。そのほかで印象に残ったこととして、まず傑山。突然よくしゃべれ出しました。あとTKOの御二方、予告で流れたシーンはそこでしたか。出オチで使われるかと思いきや、なかなかその場面が出てこなくてどうしたんだろうと思ってましたよ。あとは「捕らえたのは村の心にございましたか」というどこかの警部のようなセリフでこれは厄介だという禰宜ダンカンに対し、「知っておる、昔から」とつぶやく政次、あんたやっぱり・・・

そんな中ついに直虎に駿府への出頭命令が下る。色を失う政次、どうなる次週。


紀行は蜂前神社。『井伊直虎GUIDE BOOK』のNo.3に登録されていますね。ここも次回探訪時に訪問予定。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: