FC2ブログ

記事一覧

続日本100名城

2017年4月6日(城の日)、続日本100名城が発表となりました。
発表前の数時間、人事異動の内示前のようなちょっとしたどきどきを味わっていましたよ(笑)

ここ数日このブログの訪問者が増加傾向にあったのですが、以前続100名城の予想についての記事を書いていたので、リンクをたどってその記事を見に来た人が増えたのだろうと思われます。本日の訪問者数なんかブログ開設以来一番多いですよ。ちょっと怖いです。この記事の公開でさらに訪問者が増えるかな。

晴れて続100名城に選ばれた城は以下の通り。
◎〇△は予想のページで付けたマーク。城の表記が異なっていたものは今回発表の表記に合わせました。


北海道:〇志苔館 〇上ノ国勝山館
  
青森:〇浪岡城

岩手:◎九戸城

宮城:〇白石城

秋田:△脇本城 △秋田城

山形:△鶴ヶ岡城 〇米沢城

福島:△三春城 〇向羽黒山城

茨城:〇笠間城 土浦城

栃木:◎唐沢山城

群馬:〇名胡桃城 〇岩櫃城 △沼田城

埼玉:△忍城 〇杉山城 〇菅谷館 

千葉:〇本佐倉城 △大多喜城

東京:◎滝山城 △品川台場

神奈川:△小机城 ◎石垣山城

山梨:◎新府城 〇要害山城 

長野:△龍岡城 〇高島城 

新潟:◎村上城 〇高田城 鮫ヶ尾城 

富山:〇富山城 △増山城 
  
石川:〇鳥越城

福井:〇福井城 〇越前大野城 △佐柿国吉城

福井・滋賀:◎玄蕃尾城 

岐阜:◎郡上八幡城 ◎苗木城 △美濃金山城 〇大垣城 

静岡:△興国寺城 ◎諏訪原城 〇高天神城 〇浜松城 

愛知:△小牧山城 〇古宮城 △吉田城
 
三重:〇津城 北畠氏館 〇田丸城 ◎赤木城  

滋賀:〇鎌刃城 〇八幡山城
 
京都:◎福知山城

大阪:〇芥川山城 △飯盛城 ◎岸和田城 

兵庫:〇出石城・〇有子山城 〇黒井城 ◎洲本城

奈良:◎大和郡山城 〇宇陀松山城
 
和歌山:◎新宮城
 
鳥取:〇若桜鬼ヶ城 ◎米子城

島根:◎浜田城

岡山:△備中高松城
 
広島:△三原城 〇新高山城

山口:〇大内氏館・△高嶺城

徳島:△勝瑞城 〇一宮城

香川:〇引田城

愛媛:〇能島城 △河後森城

高知:〇岡豊城  

福岡:◎小倉城 水城 〇久留米城

福岡・佐賀:〇基肄城

佐賀:◎唐津城

長崎:〇金田城 〇福江城 ◎原城

熊本:鞠智城 ◎八代城

大分:◎中津城 △角牟礼城 〇臼杵城 〇佐伯城

宮崎:〇延岡城 〇佐土原城

鹿児島:〇志布志城 ◎知覧城

沖縄:◎座喜味城 ◎勝連城


はい。結果は95城的中で、予想外の5城は赤字で表記しました。ただ上記の予想ページでは100城以上ピックアップしているので予想としてはちょっとずるいのではないかという声も聞こえてきそうなので、ある程度有力と踏んでいた◎と〇の印をつけた城に絞って集計すると、【73/125】という結果となりました。たくさん的中して喜ばしい気持ちと、自分の知らない予想外の城がほとんどなくて少しつまらないような、複雑な心境です(笑)。訪問済みの城が3分の2ほどを占めているのも少々ショック。もっと未訪の城がたくさん選ばれていればよかったのにな。

以下地域ごとに簡単な雑感をば。


まず北海道・東北地区。全体的にかなり数が絞られ、厳しい選出となりました。青森・岩手・宮城からはもう1城ずつ選ばれてもよかったようにも感じます。秋田で檜山城が選ばれなかったのもかなり意外。相当堅いと踏んでいたんだけどなあ。あと福島の三春城!コラー!ここを選ぶか―!・・・失礼、何を荒ぶっているかというと、個人的に来週ひそかに三春の滝桜を見に行こうと計画を立てていたのですよ。そこで一緒に三春城にも行こうと思っていたのですが、これはスタンプ設置まで行けなくなったじゃないですか。しょうがないから城だけスルーすることにしましょ。ということで三春城に文句があるわけでは全くありません。

続いて関東。前回(100名城)選出が10城、今回は15城当選なのでかなり躍進。茨城で土浦城は予想の中に入れていませんでしたが、県指定史跡第1号を入れてなかったのはすみませんでしたの一言です。逆に小幡城は残念でした。遺構面では間違いなく選定ラインを大きく突破していましたが、いかんせん周囲にスタンプ設置施設になりうるところが皆無なのがネックでしたか。埼玉・千葉は健闘。東京の品川台場を的中させたのはちょっと自慢。城マニアの中でもトップマニアになってくれば今回の選定については大方予想の範囲内になるところですが、品川台場についてだけは事前に予想していた人は見かけませんでした。これを当てたからって、私は別に内部関係者からリークを受けていたわけではありませんよ念のため。神奈川も津久井城が漏れたのは少々意外でしたが、2城選出は妥当なところ。全体的に健闘した関東勢の中で唯一どうしたというのが栃木。私個人的には、栃木の中世城郭は全国的にもかなり誇れるレベルの城が揃っていると思っているので残念。最後に群馬、3城選出されていますが、素直に喜べないところがあります。3つとも北毛地区の、しかもすべて真田関係の城。ちょっと偏りすぎの感があります。松井田城高崎城白井城あたりから一つ入れ替えをするだけでだいぶバランスよくなるのですが・・・まあもう決まったことなのでどうしょうもできませんけど。そもそも私投票権があったのに棄権しちゃってるし(→参照記事)。

甲信越地方。全体的に妥当。長野は100名城で5つも入っちゃってるので、今回は2城でバランスを取った面もありそう。予想外の城として新潟の鮫ヶ尾城!ミラジェンヌの聖地ですね!選ばれて納得です。ちなみに公式発表のPDFファイルが尾城になってますけど、表記は大丈夫ですかね。

北陸地方。こちらも全体的に妥当。県境跨ぎの城についての表記が新しいです。ここでも公式発表のPDFファイルについて、細かいことを言うと下に出てくる県境跨ぎは「福岡・佐賀」と黒ぽちがついているのに対し、こちらは「福井滋賀」と黒ぽちなし。表記は統一したほうがいいと思いますよ。

東海地方。今回一番勢いのあるブロックで、4県で15城の大量当選。選ばれた城を見てもだいたい妥当かなと思えます。郡上八幡城苗木城などは普通に100名城のほうに入っていても何らおかしくなかったですしね。予想外のところから唯一当選した三重の北畠氏館ですが、これは麓の庭園から詰めの山城まで大変見ごたえある国史跡で選出は当然。予想してなくて本日2度目のゴメンナサイです。あと静岡の興国寺城!できれば丸子城のほうを選んでほしかった。なぜなら先日の直虎紀行part.1で久しぶりの再登城をしたばかりだから。これは再々訪になってしまうなあ。

近畿地方。前回(100名城)選出は14城だったのに対し、今回は12.5城(玄蕃尾城が0.5扱い)でやや苦戦。選ばれた城自体はかなり妥当。滋賀の佐和山城が選ばれなかったのは彦根城との距離が近すぎることもあったかな。あと兵庫はかなり絞ったなあという印象です。置塩城八上城が落選するとは激戦区すぎ。100名城で5城インしているからバランス調整の手が入ったかな。

中国地方。前回13城の大量当選した反動で今回当選はほぼ半減の7城。100名城のほうに選ばれすぎちゃったからしょうがないね。私が予想時に心配した通り岡山からは備中高松城 のみ。これもしょうがないね。

四国地方。こちらも前回の9城から6城に大幅減。四国は現存天守以外正直厳しいですね。能島城は訪れるのが楽しみ。

九州地方。前回13城、今回18城で大躍進。何気に地区別最大勢力に(ただし1県当たりの密度では東海地方が上)。有力と予想した城がぼこぼこ当選しまくりでした。一点言い訳をしますと、長崎で◎予想した清水山城!これは予想の時点で対馬からは1城のみの選出になるのは明らかでしたが、清水山城金田城では甲乙つけがたく、結果日本名城百選に選出されている清水山城のほうをわずかに上と判断したものです。対馬上陸時には両方見学は必定です。あとは福岡の水城と熊本の鞠智城が予想外からの当選。水城は正直全くの予想外です。柳川城秋月城を抑えての当選は「むむう、そうか~」といった感じです(なんだそりゃ)。鞠智城はすみません、予想時に書き忘れていました(爆)。選ばれるのは妥当ですね。

最後に沖縄。座喜味城勝連城の当選で、世界遺産のグスク5城が肩を並べました。綺麗な収束です。


途中から選挙結果の解説みたいな書き方になりましたが御愛嬌ということで。全体を見て、訪問難易度的には100名城と大差ないかなと。対馬の金田城と五島の福江城がネックと感じる人もいるかもしれませんが、飛行機を使えば比較的楽に行けるので意外と難易度は低いと思います(カネがかかるのがアレですが)。個人的には上ノ国の勝山館のほうが行くのが大変なんじゃないかなと感じます。松前城からさらにかなり先にありますし。車の運転ができない人にとっては離島より厳しいのではないかなと。

続100名城のスタンプラリー開催は早くて半年後、遅くて来年の城の日くらいといったところでしょうか。それまではこれらの城を探訪しないという強力な制約が課せられるので、今年度は少し頭を使ったテクニカルな旅をする特殊な1年になりそうです。あ、もちろんこの制約は私が個人的に勝手に課しているものなので、普通の方は明日からでも続100名城にどしどし訪問して、100名城に劣らぬ魅力を発見していただければと思います。とりあえず今思っているのは、去年城館探訪で対馬と五島にも行こうかと検討していたのですが、行かなくてよかったなあということ。自走できないところに再訪とかショックがでか過ぎて当分立ち直れなくなっていたことでしょうから。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: