FC2ブログ

記事一覧

奥山城 ~奥山氏詰めの山城~

以下の引用は「Shizuoka城と戦国浪漫」奥山城の項より。

奥山方広寺北方300mの山中、標高200mの山頂を中心に築城された、土豪奥山氏の戦時用の山城である。奥山館と混同していると思われる文献もあり、城史について不明な点が多い。延元元年(1336)宗良親王が入城し、南朝方に属する。また、1371年には朝藤によって方広寺が建立された。興国元年(1340)の北朝方の攻略によって三岳城が落城した際には、宗良親王を擁して、井伊氏と共に戦い、敗れて親王は安倍城へ退いた。また、永正11年(1514)曳馬城主大河内貞綱ら反今川挙兵の際、井伊直盛も同調。しかし、朝比奈泰以に三岳城で敗れた井伊氏はこの奥山城へ逃れたと言う。
井伊谷より奥山道を西へ、奥山館跡を過ぎて、東北約2kmの奥った所に方広寺がある。その北の山中に主郭東西80m、南北70mのほぼ方形の曲輪が奥山城跡という。しかし、現在は北側陣座川側からの砕石採取場の採石が進み、山頂近くまで迫り、垂直な崖が100mの高さにおよんでいる。そのため、城跡の半分はすでに破壊されていると思われる。方広寺側(西・南)には山麓をとりまくように幅50~60cmの溝がめぐっている。その溝は北方へ山の鞍部を切って砕石採取場側の谷へ降りていく様子がある。この溝が空堀の名残りであるかも知れない。
山全体が砦のような天然の要害である。城の西南側は奥山氏の本拠、東、陣座川側は遠江と三河を結ぶ新城道を望む位置にある。平時の居城と言うよりも、戦時のときのみ籠る砦的な城であったと考えられる。また方広寺自体が場合によっては城的性格を荷なっていたのではないだろうか。



P3030166sa.jpg
奥山城奥山氏居館奥山館)との位置関係



奥山城
上の位置関係図だと不鮮明で分かりにくいので、国土地理院の地図で該当箇所を表示しました。
城址と推定される山は砕石採取のため北半分が削り取られています。



P3030154sa.jpg
方広寺の背後、写真右手奥に見える山が奥山城比定地です。



P3030137.jpg
上天台舎利殿(方広寺後編で紹介した一番山側の建物)付近から見たところ。
正面の建物の奥が奥山城比定地になります。



=============================================
所在:静岡県浜松市北区引佐町奥山
評価:

城郭体系によれば方形の主郭曲輪を持つということですが、現況は破壊が進み判別不能とのこと。場所は特定されているのに登城記録が極少なのはそういった理由からなのでしょう。現地に表示物もないので遠景のみとしました。
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: