FC2ブログ

記事一覧

はりまや橋

浦戸砲台を見学後、再び龍馬記念館の駐車場まで戻り、桂浜を後にします。浦戸大橋~r35経由で高知市街地へ。R32に入り県庁方面に向かうと、下記の交差点に出ます。



P5080373s.jpg
はりまや交差点

あ、もしかしてここが「日本三大がっかり名所」で名高い「はりまや橋」があるところかな。
そう思ってあたりを見回すと、それらしいものがありました。



P5080375s.jpg 
P5080372s.jpg
あの赤い橋がそれだな。「はりまや橋」って看板まで出てるし。

っていうかこの橋、「がっかり名所」としては有名だけど、そもそもなんで名所なのかは知らなかったんですよね。ということで紹介文を引っ張ってきました。

「♪土佐の高知のはりまや橋で,坊さんかんざし買うを見た」とよさこい節のフレーズにもなり,純信とお馬の恋物語でも知られているはりまや橋。江戸時代に,堀川を挟んで商売を行っていた「播磨屋」と「櫃屋」が,両者の往来のため私設の橋を架けたことが「はりまや橋」の由来といわれています。その後,何度か橋は架けかえられ,堀川も埋め立てられましたが,現在は,はりまや橋公園として整備され,川のせせらぎを再現。昔のはりまや橋も復元し,純信・お馬のモニュメントも設置されています。(高知市HPより)




P5080376sa.jpg
今回は交差点から眺めただけですが、う~ん、遠くから眺めても何とも言えぬオーラが漂ってきてますよ。

「日本三大がっかり名所」に認定されていなければ間違いなく今ほどの知名度はなかったでしょうから、不名誉な称号でも何も無いよりましといったところなんでしょうかね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: