FC2ブログ

記事一覧

世界遺産 玉陵

国指定史跡・玉陵
2000年に登録された世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」を構成する9つの史跡の一つ。

王家の陵墓であるので城館カテゴリーには含めませんが、城館として紹介している先人もいるので、半城館扱いで表記のみ太字にします。

首里城の探訪後、首里杜館から守礼門とは反対方向へ。



P4110903.jpg
首里城公園管理センター周辺はかつての天界寺跡

琉球王国時代の臨済宗の寺院跡。

天界寺は、第一尚氏第六代国王尚泰久が、景泰年間(1450~56年)に創建したとされる。山号は妙高山、開山は渓隠安セン禅師。

創建当初の伽藍は、寝室・方丈・東房・西房などで、尚徳王(第一尚氏第七代国王)代の1466年に大宝殿が建立され、また、成化己丑(1469年)鐘銘の梵鐘も掛けられた。1576年、火災により焼失したが、順治から康煕年間にかけて、堂宇が建立され、再興された。天界寺松尾(ティンケージマーチュー)と呼ばれた東隣の松林を含む寺域は約1,080坪余であった。

再興後は、尚泰久王・尚徳王の位牌のほか、第二尚氏の未婚の王子・王妃が祀られ、円覚寺・天王寺とともに尚家の菩提寺(三ヵ寺)の一つとなった。国王の元服や即位の際には、三ヵ寺詣での慣わしがあった。

1879年(明治12)の沖縄県設置(琉球処分)後は、尚家の私寺となったが、後に払い下げられた。1913年(大正2)頃、跡地の北東隅に、首里・儀保・真壁の3人の大阿母志良礼(ウフアンシタリ:王府の高級神女)の神殿を統合した「三殿内(ミトゥンチ)」が置かれ、信仰を集めた。

天界寺松尾には、1886年(明治19)、首里小学校(後の首里第一尋常高等小学校)の校舎が建てられたが、1912年(明治45)に、校舎狭隘のため首里城内へ移転した。跡地は採石場となり、さらに、1915年(大正4)には、大正天皇即位祝賀を記念して、沖縄県師範学校の記念運動場が開設された。

1945年(昭和20)の沖縄戦により、三殿内は消失し、天界寺の寺域跡は住宅地となったが、1992年(平成4)の首里城復元に伴い整備され、道路及び首里城公園の一部(レストセンター・管理棟)となった。

なお、1697年に掘られたという天界寺の井戸(那覇市指定文化財)が、現在も残されている。
(現地説明板参照)




P4110908.jpg
少し西側に進んだところに入口



P4110909.jpg
観覧料300円かー
有料だから入るのやめとくかー

・・・というのは半分冗談で(半分本気なのかい!)、先に述べた通り本日午後一の便で成田へ戻らなければならないという時間の関係で、ちょっと中までは入れないというのがありました。首里城のスタンプラリーで予定以上の時間をとられたということもあり、やむを得ません。



P4110914.jpg
管理事務所を兼ねている奉円館

世界遺産の石板もあります。何かしらの表示物くらいは記念に撮影しておきたかったので、これで最低限の目的は果たしました。



P4110911.jpg
石碑

玉陵は、1501年、尚真王が父尚円王の遺骨を改葬するために築かれ、その後、第二尚氏王統の陵墓となりました。墓室は三つに分かれ、中室は洗骨前の遺骸を安置する部屋となっています。創建当初の東室は洗骨後の王と王妃、西室には、墓前の庭の玉陵碑に記されている限られた家族が葬られました。全体のつくりは、当時の板葺き屋根の宮殿を表した石造建造物になっています。墓域は2,442㎡。沖縄戦で大きな被害を受けましたが、1974年から3年余りの歳月をかけ、修復工事が行われ、往時の姿を取り戻して今日に至っています。
昭和47年5月15日に玉陵墓室石牆(たまうどぅん ぼしつ せきしょう)が国指定有形文化財建造物に、玉陵は国指定記念物史跡に指定されました。また、2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました




P4110912s.jpg
平面図



P4110916s.jpg
奉円館地下の展示資料

青いキャラクターは「たまちゃん」といい、玉陵にデザインされている蝙蝠をモチーフにしているという。



P4110918.jpg
玉陵模型



P4110919.jpg
玉陵模型

・・・ここまで掲載してふと不安になったのは、この展示室も有料区域に含まれていたのではないか、ということ。特に何も考えず、トイレに寄るくらいの気持ちで自然に建物内に入ってしまいました。

続百名城が選定された後にもう一度沖縄に飛ぶことになると思うので、その時にもう一度ここに立ち寄り、入場料を払って陵内を見学させてもらいます。レポートはその時にまた。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: