FC2ブログ

記事一覧

首里城⑦ ~城内最大の祭祀空間・京の内~

正殿から有料見学区域の最終見学ポイント、北殿へ。

北殿はかつては北の御殿(にしのうどぅん)、議政殿(ぎせいでん)とも呼ばれていた。
創建は1506~1521年頃とされ、記録によると1709年の首里城の大火で他の建物とともに焼失し、1712年頃再建された。通常は王府の行政施設として機能し、表15人衆(大臣)や筆者、里之子(さとぅぬし)と呼ばれる役人等が働いていた。

北殿は南殿・番所同様、鉄筋コンクリート造として外観を木造で復元している。館内では、パネルなどで首里王府の位置やしくみ、冊封式典などを解説し、映像による展示も行っている。


北殿スタンプ [17/25+2/2]

ちなみにこの北殿は、沖縄サミットの晩餐会に利用された場所なんだそうです。
内部の展示をいくつか紹介。



P4110777.jpg
朝拝御規式」模型

朝拝御規式(ちょうはいおきしき)は琉球王国時代に行われていた朝賀の儀式。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: