FC2ブログ

記事一覧

真田丸 ~伝承の跡地を求めて~

今回は城館として真田丸を取り上げます(城館なので以下太字表記)。

ここまで三光神社旧真田山陸軍墓地心眼寺円珠庵鎌八幡とゆかりの地を巡ってきました。
それぞれの地に真田丸に関連する表示がなされていましたが・・・

それで結局、真田丸はどこにあったのか?



PA100049.jpg
その疑問の答えは、心眼時の向かい、明星学園のテニスコート外の道路沿いにある真新しい立派な石碑に記されていました。



PA100038.jpg
真田丸顕彰碑

慶長5年(1600年)の関ヶ原合戦で西軍に与し敗軍の将となった信州上田城主真田昌幸・幸村(信繁)親子は、戦後高野山に流され、しばらくして麓の九度山(和歌山県九度山町)に移った。父昌幸は慶長16年6月4日に九度山で亡くなるが、幸村は、大坂冬の陣が勃発するや否や、慶長19年10月、豊臣秀頼の招きに応じて大坂城に入城した。
幸村はすぐに大坂城の弱点が南側にあるのを見抜き、出丸を構築した。これが「真田丸」で、幸村は慶長19年12月4日、ここ「真田丸」を舞台に前田利常・松平忠直・井伊直孝・藤堂高虎ら徳川方の大軍を手玉にとった。
真田丸」の場所については、元禄年間(1688年~1704年)に作製された大坂三郷町絵図に「真田出丸跡」として明示されており、それによると現在の大阪明星学園の敷地が「真田丸」の跡地であることが明らかである。今はグラウンドになっているため、かつての面影は全く失われているが、真田幸村はこの場所で徳川方相手に大勝利を得たのである。




PA100039s.jpg
大坂冬夏陣立図のうち「冬の陣図」

半円型の出丸がはっきり描かれています。
真田丸の別称「偃月城」の名の通りの形状です。



PA100040sa1.jpg
「大坂冬の陣図屏風」(部分)

ここにも「真田出丸」の表記。



PA100040sb2.jpg
「大坂三郷町絵図」

寺院の配置などは現在と同じ。これを現在の地図に置き換えると、碑文に記されている通り大阪明星学園の敷地を中心とした場所が真田丸の跡地に該当します。



PA100040sc3.jpg
上図拡大

私が実際に現地を訪れて地形的に印象に残った点は、出丸の外側(南側)ではなく大坂城側(北側)に深い谷状の地形が走っていたことです。出丸自体は高台に位置しているため単体での防御力はそれなりにありますが、本城との連結にやや難があり、普通の防御のセオリーからは外れているように感じます。守りを考えると谷状地形が出丸の南側をめぐっていればとても安心できるのですが。

と考えたところで、もう一つ別の資料を提示します↓



PA100067s.jpg
心眼寺で入手したパンフレット。ご覧のように真田丸の推定地が現在の地図と照らし合わせて表示された大変分かりやすいマップになっており、こちらでも真田丸の推定中心地はやはり明星学園から円珠庵鎌八幡にかけての一帯としています。



PA100051.jpg
心眼寺坂 

北側(大坂城側)に向かって下り坂になっています。十分な予備知識がない時点の私の地形イメージは「大坂城が微高地にあり、そこから続く台地の先端に真田丸が位置し、その南側は平野が広がる」というものでしたが、実際現地を歩いてみると大きく印象が変わります。上の地図と周辺地形を合わせて考えると、この真田丸の位置した場所は防御に適した場所というより、むしろ大坂城を攻める拠点にしたいと感じるところです(そういう意味では大坂城にとっての「弱点」ととることもできる)。であるからこそ信繁(幸村)はこの地を抑えられる危険性をいち早く感じ取り、谷状地形(惣構堀)の外に突出するという危険な形になるにもかかわらず、この場所に出丸を築いたのでしょう。



PA100041.jpg
明星学園テニスコート 

休日の朝から盛んに練習中。城館の跡地が学校になることはよくあることで、私としてはそれほど違和感はありません。



PA100050s.jpg
校舎壁画

真田丸跡ということを強く意識していますね。



PA100077.jpg
餌差町交差点から南側を眺める

真田丸推定地の西南端とされるところ。このあたりに出丸の三日月堀があったと考えられますが、現地にはまったく痕跡はありません。冬の陣後真っ先に取り壊されたことを考えれば、堀跡が残っているほうが不自然ともいえます。



PA100078.jpg
餌差町交差点から北側

右手が明星学園。やはり北側に向かって下り坂になっています。



PA100079.jpg
清水谷公園の南側から地下鉄玉造駅方面に向かって長い帯状の谷状地形が現在も残っています。これがかつての惣構堀の跡で、「空堀町」という地名も残っています。写真のあたりも惣構堀跡の一部。



真田丸はここ
ということで、現在の有力な真田丸の位置はこの図の通り。明星学園一帯というのは昔からの有力な説でしたが、加えて出丸本体の東西に柵で囲われた外郭が築かれていたという推定がなされています。

これでいくと三光神社や真田山陸軍墓地のある宰相山公園一帯も広義で出丸に含まれるということになりますね。地形的には十分納得できるところです。



=============================================
所在:大阪府大阪市天王寺区餌差町、玉造本町ほか
評価:★★

遺構面から目れば二つ星でも高いくらいですが、評価外の点で味わい深い出丸です。ゆかりのある所も多く、地形を感じながら周辺を歩き回れば感性の高い方ならいろいろなことを感じ取れることでしょう。大河のほうの真田丸では城砦としての真田丸をどの程度描くか未知数ですが、縄張りや地形といった要素を取り入れる気配はあまりなさそうですね・・・
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: