FC2ブログ

記事一覧

勝連城④ ~国内初、古代ローマコイン出土!~

阿麻和利の話のラストは、妻の百度踏揚について。

百度踏揚(ももとふみあがり、生没年不詳)は、琉球王朝の王女。百十踏揚とも表記される。
第一尚氏王統第六代国王・尚泰久の娘。泰久王の妃は中城城主護佐丸の娘であるため、護佐丸の外孫にあたる。
はじめ勝連城の按司である阿麻和利に嫁いだ。1458年、阿麻和利は護佐丸に叛意があることを王府に知らせ、王命を受けてこれを追討した。しかし、阿麻和利自身が王府に対し謀叛を企てており、首里を攻める準備を進めた。踏揚は従臣の鬼大城(おにうふぐすく)とともに夫の許を逃れ、首里にたどり着いた。これにより阿麻和利の叛意は王府の知るところとなり、やがて鬼大城率いる王府軍に滅ぼされた。
そののち踏揚は勝連城主となった鬼大城の妻となった。しかし1469年、第一尚氏を滅ぼした尚円王のクーデターの際に鬼大城も討ち滅ぼされた。踏揚は玉城でひっそりと余生を送り、やがて若いながらに生涯を閉じた。墓所は南城市(旧玉城村)にある。 (wiki参照)


政略結婚に利用され、祖父は夫により攻め殺され、父と夫のはざまに立ち、夫を殺した男に嫁ぎ、二度も夫を失った百度踏揚。「悲劇の王女」と呼ぶに遜色ない彼女についても思いを馳せておきたいところです。



P4100345.jpg
一の曲輪へは階段が整備されていますが、本来の登城路は下にある石畳だったのでしょうか。石畳は傾斜がきつく、あえて登りにくくしているようです。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: